全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

枝垂れ桜見頃 寺院と調和

多宝院の枝垂れ桜が見頃を迎え、観桜客が途切れなく訪れている(能代市桧山で)

 能代市桧山の古刹(こさつ)・多宝院の境内にある枝垂れ桜が見頃を迎えた。青空が広がった28日は「桧山桜まつり」が始まり、市内外から家族連れなどが続々と訪れ、寺院と桜が調和した美しい和の光景を楽しんでいた。 桜まつりは1日までで、飲食や山菜販売の屋台が出店。のしろ桧山周辺歴史ガイドの会の案内で多宝院の本堂が公開される。

 多宝院は桧山城代・多賀谷氏の菩提寺(ぼだいじ)で、本堂と山門、鐘楼は県有形文化財に指定されている。境内にある3本の枝垂れ桜は、旧桧山町が能代市に編入された昭和30年に植樹され、大樹に成長した姿が毎年大勢の観桜客の目を楽しませている。同地区の民家に植えられた枝垂れ桜も開花が本格化し、「歴史の里」らしい趣ある光景が広がっている。
 桜まつりは桧山地域まちづくり協議会(安部隆昭会長)が毎年開催している。のしろ桧山周辺歴史ガイドの会の小杉山久義会長によると、28日現在で桜は8分咲きで、これからが見頃も本番を迎える。
 大型連休2日目となったこの日は絶好の行楽日和に恵まれ、市内外から家族連れなどが途切れることなく訪れては、境内に降り注ぐように咲いた花房を見上げたり、写真撮影を楽しんでいた。
 三種町から妻と子ども2人を連れて訪れた30代男性は「多宝院の桜は写真でしか見たことがなく、一度見てみたいと思っていた。天気も良く、きれいに咲いていて良かった」と話し、〝絶景〟に笑顔を見せた。訪れた人たちは寺院の歴史や建物の特色に関心を寄せている。
 ガイドの時間は午前10時、11時30分、午後1時、2時30分。

関連記事

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

紀伊民報社

濱中氏がGM就任 和歌山FB

 和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手で、野球解説者の濱中治氏(43)が23日、さわかみ関西独立リーグに所属する和歌山ファイティングバーズ(FB)のゼネラルマネジャー(GM)に就任した。濱中氏は「...

田植え体験楽しむ 日ハムとコラボ B・Bも参加 田んぼのオーナー事業 厚真

厚真町内で農家の手ほどきを受けながら米作りを体験する2022年度田んぼのオーナー事業「田植え体験」が21日、町内幌内の水田で行われた。同日はプロ野球・日本ハムファイターズの被災地復興支援事業「ふぁ...

荘内日報社

仙台―バンコク再開目指す みちのくインバウンド推進協議会

 東北地方で観光に携わる関係者らで組織する「みちのくインバウンド推進協議会」(熊谷芳則理事長)の本年度総会が23日、酒田市のホテルリッチ&ガーデン酒田で開かれ、事業計画など計5議案を承認。インバウンド...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク