全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

6年に一度「竹島弁財天総参り」

 豊川市国府町で28日、6年に一度の祭典、竹島弁財天総参りが行われた。  蒲郡市・竹島の八百富神社での巳年と亥年の式年大祭に合わせて行われる祭事。約400年前、竹島の弁天さまと使いの白ヘビが津波で流され、現在の国府町に漂着。村人がほこらを立ててまつったが、その後国府と竹島の庄屋が同じ日、弁天さまが竹島に戻りたがっている夢を見たため、人々が大八車に酒や餅を積んで竹島に送り届けたことが始まりとされる。

 この日は早朝から大社神社で神事が行われた後、上町、中町、下町、南田による4台の大八車が境内を出発。伊勢音頭を歌いながら花飾りや米俵、酒が敷き詰められた大八車を引き、それぞれの地区で餅が町民らにまかれた。その後バスで竹島へ移動し、蒲郡市の関係者と合流。現地でも餅投げが行われた。  6年ごとの祭事は本開帳と中開帳を交互に行われ、今回は中開帳。次回2024(令和6)年に本開帳が行われる。

関連記事

紀伊民報社

センリョウの収穫始まる 正月飾りに人気の縁起物

 正月用の切り花として人気のあるセンリョウ(センリョウ科)の収穫が、和歌山県印南町の山間部にある真妻地域で始まった。  センリョウは上向きに実がなることから縁起が良いとされる。同町では1950...

バー形式で交流模索 地域おこし協力隊員 山岸さん 「海と港となつこの部屋」..

白老町地域おこし協力隊員、山岸奈津子さん(43)は26日、海や港に関わる町民との交流スペース「海と港となつこの部屋」を町大町の喫茶店カイザーの隣店舗に開設した。  同スペースは、白老港の魅力...

荘内日報社

六十里越街道の魅力 情報発信語り合う

 「六十里越街道魅力発信フォーラム~歴史ある街道をどのようにして発信していくか考える~」が25、26の両日、鶴岡市の朝日地域で行われた。庄内と内陸を結ぶ古道・六十里越街道について、講演やパネルディスカ...

歩いて「広尾」再発見 フットパス2コース開始

 広尾町内のシーサイドパークや大丸山森林公園の景観スポットをめぐるフットパス・2コースが運用を開始した。両コースには8カ所ずつポイント(QRコード)があり、スマホでスタンプをゲットすると特製の「手...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク