全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

春山安全登山を 美濃戸口と奥蓼科に相談所

美濃戸口に設けられた春山登山相談所

 茅野署と諏訪地区山岳遭難防止対策協会などは大型連休初日の27日、八ケ岳連峰の登山口となる美濃戸口(茅野市玉川)と奥蓼科(同市豊平)の2カ所に春山登山相談所を開設した。署員や隊員らが登山者の登山計画書の提出や装備品などを確認。無理のない安全登山を呼び掛けた。

 主峰・赤岳を目指す登山者にとって人気の美濃戸口(標高約1500メートル)では、茅野署員や遭対協隊員ら約10人が啓発活動を実施。車やバスで訪れる登山者に登山計画書を提出するよう呼び掛け、登山道の残雪状況などの情報を提供しながら注意を促した。

 山小屋関係者によると、今年2月ごろまでは山の雪は例年の4分の1程度と少なかったが、3~4月にかけて降った雪で現在の残雪は例年並み。場所によっては凍結しており、十分な注意と装備が必要だという。入り込みのピークは令和最初のご来光を目的に登る人が多い4月30日~5月1日とみている。

 広島県からやって来た4人グループは「八ケ岳はさまざまなルートがあり、この時期は残雪もあって来るのが楽しみだった」と話し、山の頂へと歩を進めていた。

 相談所は5月4、5の両日も開設する。茅野署員(県警山岳遭難救助隊)と遭対協救助隊員の合同パトロールは、4月27~29日に天狗岳を中心に、5月4~6日は赤岳を中心に行い、登山者に安全指導をする予定。

関連記事

荘内日報社

今秋「日本海沿岸ミステリーツアー」 JR鶴岡駅発着 日帰り2コース 羽越本線..

 特急いなほに乗って〝ミステリーツアー〟を楽しんで―。羽越本線全線開通100周年を記念し、鶴岡市は9月28日(土)と10月27日(日)に、出発当日まで行き先を明かさない「日本海沿岸ミステリーツアー」を実施する...

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク