全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

国宝羽黒山五重塔 特別拝観始まる

 鶴岡市の羽黒山中にたたずむ国宝羽黒山五重塔の特別拝観が大型連休初日の27日から始まった。昨年に引き続き行われ、明治以降では初の一般公開。初日から県内外から大勢の観光客が訪れ、「秘中の秘」とされる内部を拝観していた。11月30日(土)まで行われる。

 出羽三山神社の羽黒山三神合祭殿再建200年事業、今秋に本番を迎える新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)事業として実施。羽黒山五重塔は高さ29・4メートル、三間五層の素木造り、こけらぶき屋根。五重塔として東北唯一の国宝(1966年指定)。

 特別拝観は1階と2階部分を公開。須弥壇(しゅみだん)に祭られた大国主命を参拝でき、平安時代の書家・小野道風の筆とされる額など貴重な史料が解説文とともに展示。2階は心柱を中心とした建築構造などが見学できる。今年は新たに五重塔参道に雨よけの通路、随神門に御朱印所を兼ねた仮設案内所なども設け環境を整えた。

 大型連休初日のこの日は、朝から冷たい雨が降る肌寒い天候となった。神奈川県相模原市から家族4人で訪れた松尾哲平さん(38)は「特別拝観のことを知り、旅行先に山形を選んだ。国宝の五重塔の歴史を感じることができ貴重な体験をした。山寺や蔵王も巡る予定」と話していた。昨年の大型連休前半は天候にも恵まれて1日平均1200―1300人が五重塔を拝観したという。

 五重塔特別拝観料は500円。羽黒山頂で同時公開される羽黒山三所大権現の秘仏の拝観料は300円。共通券700円。午前8時半から午後4時半まで。

大型連休に合わせて国宝羽黒山五重塔の特別拝観が始まった=27日

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク