全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヒツジ2頭に草刈り任メェ~ 辞令交付、おたる水族館派遣-恵庭・えこりん村

西尾さんに出向を命じられるヒツジたち

 恵庭市牧場のテーマパーク・えこりん村のヒツジ2頭が今年も、小樽市のおたる水族館で「草刈りヒツジ」として活躍する。5年目を迎える取り組みで、25日に同村で「辞令交付」が行われ、ヒツジ2頭を同村スタッフが送り出した。

 同水族館では2015年から、敷地内の草刈りを同村のヒツジたちに任せている。それまで人力の草刈り機で行っていた作業がなくなり、ヒツジたちの食欲が赴くまま雑草を一掃している。

 今回派遣されるヒツジはいずれも雌11歳で「草刈り業務」は4年目。働きぶりが評価されている。

 この日は「辞令交付」を同村で行い、同村担当の西尾由美さん(36)が「もぐもぐと草刈り業務に励むこと」「好き嫌いせずに硬い草も食べること。でも無理はしないこと」などと呼び掛けた。ともすればそっぽを向くヒツジたちに、牧草をやりながら気を引いて出向を命じた。

 ヒツジを迎えに来た同水族館の伊勢伸哉館長は「2頭は淡々と草を食べてくれる。これからは栄養分のある青草も出てくるので肉付きもよくなる」と目を細める。働き方改革も叫ばれる昨今だが「時間がかかりそうだったら『メェー、メェー』と呼ぶので残業もない。自分たちのペースで働いてくれてます」と話していた。

 今年も10月ごろまで同水族館に派遣される予定。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク