全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

LCC・ピーチ、新千歳―ソウル線就航 国内航空会社で唯一夜間出発

ソウル線に参入したピーチの就航記念式典=25日午後9時25分ごろ、新千歳空港国際線ビル

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(本社大阪府)は25日、国際線の新千歳―ソウル(韓国・仁川)線に就航した。新千歳空港に発着する日本の航空会社で唯一、同社の便としては台北線に次ぐ2路線目。週7往復で毎夜出発するダイヤを組み、仕事や学校帰りの観光需要などを見込む。

 同路線はこれまで韓国系7社で運航し、同社の参入で8社となった。使用機材は180席を備えるエアバス320型機。運賃は片道税込み5480円からとなっている。

 新千歳午後10時発ソウル翌午前1時10分(現地時間)着の第1便はほぼ満席の173人を乗せ、約8割を日本人利用者が占めた。折り返し便は午前2時40分(同)にソウルをたち、同5時30分に新千歳に着く。

 25日に国際線ターミナルビルで行った就航記念式典で、井上慎一最高経営責任者(CEO)は「学校や仕事の帰りにそのままソウルへ行ける。日帰り海外旅行という新しい流れを北海道からつくりたい」と語った。搭乗口では客室乗務員たちが旅客に記念品のタオルを手渡し、笑顔のハイタッチで旅立ちを祝った。

 同社は2018年12月17日、新千歳を関西、那覇、仙台に次いだ拠点空港に設定。19年4月26日からは新千歳―台北線も週3往復から7往復とする。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク