全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

庄内能楽館法人設立40周年 酒田で特別公演

 公益財団法人「庄内能楽館」(酒田市浜松町、池田宏理事長)の法人設立40周年を記念した特別公演(荘内日報社など協賛)が24日、昼に庄内能楽館、夜には希望ホールでそれぞれ行われ、狂言師の野村万作さん(人間国宝)・萬斎さん親子、宝生流20代宗家の宝生和英さんらが出演。いずれの舞台も大勢の能楽ファンが訪れ、記念公演にふさわしい華麗な舞を堪能した。

 同館は1977年、池田理事長の母で能に造詣が深かった故池田康子さんが設置、79年に財団法人化(当時)した。能舞台と展示場、楽焼窯場、庭園で構成しており、このうち能舞台はひのき造りでくぎを使用していない。舞台の下にはかめが入っており、踏み鳴らしたときに音が響くようになっている。桟敷席も含め約150人を収容する。

 竣工(しゅんこう)以来、能楽師・団体を招いての公演、仕舞やはやし、謡の愛好家の活動を支えるなどしてきたが、康子さんの病気などで十数年は活動をほぼ休止。2012年3月20日付で公益財団法人に移行したことを受けて池田理事長が再開を決め以来、夏休み期間中には「親子仕舞教室」を毎年開催しているほか、広く一般を対象にした能楽教室を随時展開。展示場では、能衣装や能人形、絵画作品など康子さんのコレクションを飾っている。

 昼の部は、同館運営協力者らを招待しての公演で約150人が参加。池田理事長のあいさつに引き続き親子教室の講師を務める宝生流能楽師の辰巳大二郎さんらによる「橋弁慶」で幕開け。萬斎さんが狂言小舞「名取川」を披露したほか、和英さんが祝言能「高砂」を舞った。

狂言小舞「名取川」を披露する萬斎さん

 幕あいには、いずれも加藤明子さん(酒田市、チアーズ社長)の司会で、万作さんと能楽研究の第一人者で庄内能楽館初代館長を務めた増田正造さん、和英さんと萬斎さんがそれぞれ鼎談(ていだん)した。

人間国宝の万作さん(右)と増田さんが鼎談

 万作さんは「若者の日本語の発音がルーズになっており、能・狂言の未来を楽観していない。鑑賞しても分からないのでは。狂言の練習などを通し、発音をしっかりと学び、さらに興味を持ってもらえれば未来は明るくなるはず。庄内能楽館がその役目を果たしてほしい」、増田さんは「地域に根差した芸能が多くある、ここ庄内の文化程度は高い。次の世代に引き継ぐための拠点施設になってほしい」とそれぞれ述べた。

 庄内能楽館について萬斎さんは「ライブハウスのよう」と述べた上で「大きくはないが、われわれの緊張感や集中力といった能楽の命を共有できることはとても重要なこと」と。和英さんもまた、「再開以降は毎年、この能舞台で舞っており非常に親しみやすい。第二の故郷のよう」と話した。

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク