全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ばんえい十勝 連勝中ホクショウマサル 病気克服 今年度も出走

 昨年夏の療養明け以降、ばんえい競馬の最多連勝記録を更新中(現在23)のホクショウマサル(牡8歳、坂本東一調教師、阿部武臣騎手)に、今年も注目が集まっている。今年度の開幕を27日に控え、阿部騎手(46)は「全国放送のテレビでも取り上げられるほど注目が高くなってうれしいが、健康で走り続けることが一番大事」と温かなまなざしを向けている。

ばんえい競馬23連勝で記録更新中のホクショウマサルと阿部騎手

 ホクショウマサルは2013年にデビュー。14年にはイレネー記念、ばんえいダービーで重賞2勝を挙げるなど実力を示したが、15年に呼吸が苦しくなる喉鳴りを患い、下から1、2着のレースが続いた。

 「この病気は競走馬にとって致命傷。種馬にする話も一時あったが、まだ若かったので走らせたいとの思いがみんなにあった」と阿部騎手。16年3月のレース後に手術を受け、馬主の井内紀子さんの牧場(空知管内由仁町)で約2年半、療養生活を送った。

 復活戦は18年7月28日。レースは休止前の格付けより下がるが、2年4カ月のブランクに関係者は心配していた。同日のレースでは「荷物をやっと引っ張れるくらいの手応えしかなかった」が、レースを重ね、格付けが上がるとともに「レースのセンスを取り戻してきた。この馬は障害を下りてからの差し足が強み。五分に障害を下りたら勝てる馬」と阿部騎手は話す。

 現在は今年度の開幕に向けて調整中。阿部騎手は「調教より体調管理の方が大変。たてがみと、しっぽをきれいにすると格好いいんだ」とし、「いつか連勝が止まる時は来るが、この記録はこの先もそう破られないだろう。今年も元気に走る姿をぜひ、見に来てほしい」とレースでの騎乗を楽しみにしている。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク