全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ばんえい十勝 連勝中ホクショウマサル 病気克服 今年度も出走

 昨年夏の療養明け以降、ばんえい競馬の最多連勝記録を更新中(現在23)のホクショウマサル(牡8歳、坂本東一調教師、阿部武臣騎手)に、今年も注目が集まっている。今年度の開幕を27日に控え、阿部騎手(46)は「全国放送のテレビでも取り上げられるほど注目が高くなってうれしいが、健康で走り続けることが一番大事」と温かなまなざしを向けている。

ばんえい競馬23連勝で記録更新中のホクショウマサルと阿部騎手

 ホクショウマサルは2013年にデビュー。14年にはイレネー記念、ばんえいダービーで重賞2勝を挙げるなど実力を示したが、15年に呼吸が苦しくなる喉鳴りを患い、下から1、2着のレースが続いた。

 「この病気は競走馬にとって致命傷。種馬にする話も一時あったが、まだ若かったので走らせたいとの思いがみんなにあった」と阿部騎手。16年3月のレース後に手術を受け、馬主の井内紀子さんの牧場(空知管内由仁町)で約2年半、療養生活を送った。

 復活戦は18年7月28日。レースは休止前の格付けより下がるが、2年4カ月のブランクに関係者は心配していた。同日のレースでは「荷物をやっと引っ張れるくらいの手応えしかなかった」が、レースを重ね、格付けが上がるとともに「レースのセンスを取り戻してきた。この馬は障害を下りてからの差し足が強み。五分に障害を下りたら勝てる馬」と阿部騎手は話す。

 現在は今年度の開幕に向けて調整中。阿部騎手は「調教より体調管理の方が大変。たてがみと、しっぽをきれいにすると格好いいんだ」とし、「いつか連勝が止まる時は来るが、この記録はこの先もそう破られないだろう。今年も元気に走る姿をぜひ、見に来てほしい」とレースでの騎乗を楽しみにしている。

関連記事

釧路新聞社

谷口夫妻 林産で天皇杯【標茶】

谷口種苗農園(町開運8)取締役会長の谷口洋一郎さん(77)と同取締役の希(まれ)子(こ)さん(70)夫妻が、2019年度第58回農林水産祭天皇杯(林産)を受賞した。 天皇杯林産部門の受賞は道内...

小浜小の6年生7人 島の魅力、観光パンフ作成 はいむるぶしに贈呈 

 【小浜】小浜小中学校(漢那ひとみ校長)の小学6年生7人がこのほど、来島者に島の良さ・魅力を伝えようとパンフレットを作成、小浜港とリゾート施設「はいむるぶし」に贈呈し観光客への配布を依頼した。 ...

長野日報社

米俵ピラミッドお目見え 24日に飯島町米俵マラソン世界大会

長野県飯島町を舞台に米俵を担いで健脚を競う第7回「飯島町米俵マラソン世界大会」が24日に行われる。大会の成功に向けて機運を高めようと、主催する実行委員会の関係者らがメイン会場の町文化館玄関に米俵...

世界で働く極意学ぶ

東三河の魅力企業スタディープログラム  県は18日、「第2回東三河の魅力企業スタディープログラム」を県立時習館高校(高畑尚弘校長)で開いた。1年生320人が参加。2016年から実施している「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク