全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

花園のゴールポスト 聖地から上富田に

寄贈された花園ラグビー場のゴールポストの前で握手を交わす野田義和東大阪市長(左)と奥田誠上富田町長=26日、上富田スポーツセンターで

 和歌山県上富田町に、ラグビーの聖地・花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で29年間使用されたゴールポストが東大阪市から寄贈された。26日、同町朝来の上富田スポーツセンターで贈呈式があり、これまでより5メートル高い13メートルのゴールが同施設の球技場に立った。  東大阪市は2019年秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向け、会場になる花園ラグビー場の改修工事をしている。ゴールポストも国際基準の17メートルに立て替えることになり、1989年から全国高校ラグビー大会などで使われたゴールポストを、W杯の公認キャンプ地に立候補している上富田町に贈った。  上富田スポーツセンターの球技場で使っていたゴールポストは高さ8メートル。高い方がボールを蹴る選手が狙いやすく、ゴールの判定もしやすくなる。  贈呈式は、上富田スポーツセンターで全国から36高校のラグビー部員約800人が参加して28日まで開かれている「第5回紀州口熊野ラグビーフェスタ」(セカンドラウンド)に合わせて開いた。  選手たちを前に東大阪市の野田義和市長は「花園の歴史、頑張ってきた選手たちの汗、涙、喜びの声を感じ取ってもらえたら。皆さんが上富田でレベルアップし、花園でプレーすることを楽しみにしている」と呼び掛けた。上富田町の奥田誠町長は「W杯の公認キャンプ誘致に向けて大きな励みになる。上富田でキャンプしたチームが花園で活躍してほしい」と述べた。  贈呈式ではこのほか、元ラグビー日本代表選手の大西将太郎さんが新しいゴールポストにキックした。地元のシンガー・ソングライター古家学さんは、上富田スポーツセンターで流されている自身の曲「その一瞬に」を歌った。上富田で合宿したことがある高校生にとってはなじみのある曲で、本人の熱唱に会場は盛り上がった。

関連記事

ヨットの魅力体験 瀬戸内町 小学生対象に教室、レースも 

 鹿児島県瀬戸内町の小学4~6年生を対象としたヨット教室(同町教育委員会主催)が4日、同町阿鉄湾であった。児童17人が参加。NPO法人セイラビリティ奄美代表の高野洋志さん(70)を講師に、風の力...

北の屋台2%増3.5億円 コロナかわす 帯広

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

冷たい沢で“涼”楽しむ 7月初めての休日 連日真夏日の八重山地方

 連日、30度以上の真夏日が続く八重山地方では4日午後、休日を於茂登トンネル北側のひんやり冷たい沢で過ごす家族の姿が見られた。  那覇市に住む祖父の永田一三さん(62)と遊びに来た春翔ちゃん(4)...

長野日報社

霧ケ峰高原を駆け巡る オリエンテーリングに400人

 県オリエンテーリング協会(木村佳司理事長)は4日、諏訪市郊外の霧ケ峰高原などで「霧ケ峰オリエンテーリング大会」を開いた。年齢、性別、難易度などで分けられた19カテゴリーに関東、中京圏などから約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク