全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

花園のゴールポスト 聖地から上富田に

寄贈された花園ラグビー場のゴールポストの前で握手を交わす野田義和東大阪市長(左)と奥田誠上富田町長=26日、上富田スポーツセンターで

 和歌山県上富田町に、ラグビーの聖地・花園ラグビー場(大阪府東大阪市)で29年間使用されたゴールポストが東大阪市から寄贈された。26日、同町朝来の上富田スポーツセンターで贈呈式があり、これまでより5メートル高い13メートルのゴールが同施設の球技場に立った。  東大阪市は2019年秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向け、会場になる花園ラグビー場の改修工事をしている。ゴールポストも国際基準の17メートルに立て替えることになり、1989年から全国高校ラグビー大会などで使われたゴールポストを、W杯の公認キャンプ地に立候補している上富田町に贈った。  上富田スポーツセンターの球技場で使っていたゴールポストは高さ8メートル。高い方がボールを蹴る選手が狙いやすく、ゴールの判定もしやすくなる。  贈呈式は、上富田スポーツセンターで全国から36高校のラグビー部員約800人が参加して28日まで開かれている「第5回紀州口熊野ラグビーフェスタ」(セカンドラウンド)に合わせて開いた。  選手たちを前に東大阪市の野田義和市長は「花園の歴史、頑張ってきた選手たちの汗、涙、喜びの声を感じ取ってもらえたら。皆さんが上富田でレベルアップし、花園でプレーすることを楽しみにしている」と呼び掛けた。上富田町の奥田誠町長は「W杯の公認キャンプ誘致に向けて大きな励みになる。上富田でキャンプしたチームが花園で活躍してほしい」と述べた。  贈呈式ではこのほか、元ラグビー日本代表選手の大西将太郎さんが新しいゴールポストにキックした。地元のシンガー・ソングライター古家学さんは、上富田スポーツセンターで流されている自身の曲「その一瞬に」を歌った。上富田で合宿したことがある高校生にとってはなじみのある曲で、本人の熱唱に会場は盛り上がった。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク