全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

リトアニア代表が豊小と交流

豊橋市総合体育館で児童らとゴールボール試合

 2020年東京五輪・パラリンピックへ向けたトレーニングキャンプをホストタウンの豊橋市で行っている欧州リトアニアのゴールボール代表は24日、同市総合体育館で市立豊小学校6年生約60人と試合を通じて交流を深めた。  ゴールボールは3人編成のチームで、目隠しをして、相手ゴールに向かって鈴の入ったボールを転がし合い得点を競う。リトアニアは世界ランキング2位の強豪で、23日から5月4日まで、同市でパラリンピックに向けたトレーニングを実施している。  交流会は、同小に選手が昨年も訪問していた縁で実現。この日は、リオ五輪で得点ランキング3位、17年の世界選手権得点王のスーパースター、ユスタス・パジャラウスカス選手ら7人が登場し、試合のデモンストレーションを披露したあと、児童6人対選手3人で、シュート対決を行った。

 選手たちは体を横にしてゴールを塞ぎ、児童たちのシュートを全身を使って防御。一方、手ぬぐいやアイマスクで目隠しをした児童たちは鈴の音を頼りに、ボールに飛びついたり、選手の真似をして体を横に倒したりして、ゴールを死守した。  得点を決め、シュートを止めた濵﨑永遠君(11)は「周りの音に気を取られず、鈴の音だけに集中した。目が見えない選手たちが適格な位置にボールを投げていてすごかった」と目を輝かせた。  試合後は、児童を代表して佐原えまさん(11)が「パラリンピックが楽しみです。選手の皆さんの活躍を祈っています」とエールを送ると、ヘッドコーチのヴァルダス・ゲセェヴィチュスさんは「2020年には日本代表と決勝戦で戦いたい」と抱負を述べた。  最後は、児童たちがリトアニア国旗を手に「ありがとう」を意味するリトアニア語の「アチュー」と言いながら選手を見送り、つかの間のの交流を楽しんだ。

関連記事

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク