全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

3号機打ち上げ準備完了 IST「MOMO」 大樹

打ち上げ前の最終リハーサルを行ったMOMO3号機

 大樹町内のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」(IST、稲川貴大社長)は23日、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の打ち上げを想定した最終リハーサルを行った。燃料の充填(じゅうてん)などエンジン点火以外の工程を全て確認。トラブルはなく、打ち上げ予定の30日(予備日5月1~5日)を前に、おおむね準備は完了した。

 30日は午前11時15分~午後0時半を最初の打ち上げ予定時間としているため、この日はISTの社員15人ほどが午前3時すぎから作業を開始。機体を格納庫から出して射場に立て、バルブ開閉のタイミングなどをチェックしながら推進剤のエタノールと液体酸素を充填した。町多目的航空公園内に新たに設置した第2司令所との通信や人の動きも確認した。

 今回は、液体酸素がタンクに入った状態で打ち上げを1時間延期した場合を想定。機体に相当な負荷がかかる状態だが、ISTによると、機器類は正常に作動したという。当日同様に人気キャラクター「初音ミク」の声によるカウントダウンも行った。

 プロジェクトマネジャーを務める植松千春さん(25)は「前回のリハーサルでの不具合も改善され、問題はない。手応えはばっちりで安心して打ち上げられる」と満足げに語った。

 稲川社長(32)は「最終試験はクリアした。現地に来る方には打ち上げの感動を味わってもらえるようにしたい」と話していた。

 30日と5月1日は同公園で打ち上げ観覧イベント「スペースフェスタ」(実行委主催)を開く。大型モニターによるパブリックビューイング(PV)や飲食ブース、各種イベントを楽しめる。詳細は町のホームページに掲載している。

関連記事

満員の観客、万雷の拍手 うつぐみ芸能交流高知公演

 【高知】竹富島や高知県など4道県合同の郷土芸能大会「うつぐみ文化芸能交流高知公演~郷土芸能でこじゃんとめんそーれ!~」が10日、高知県香南市の「弁天座」で開かれた。太平洋戦争末期、竹富島に駐留...

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク