全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

釧路空港 10連休で駐車場混雑予想

平日でも高い稼働率を誇る釧路空港駐車場。10連休での「入場待ち」が懸念される

 平成と令和をまたぐ10連休が27日から始まる。釧路空港発着の東京、大阪便の予約は例年以上に好調で、混雑が予想される。さらに、空路の需要の高まりを背景に、平日でも混み合っている釧路空港駐車場が期間中、切れ目なく満車状態に陥るのは必至。空港関係者は戦々恐々、旅行者も出発時に「いつも以上のゆとり」が求められる。

 航空各社によると、10連休はレジャー需要が好調に推移しており、予約数・予約率ともに前年を大きく上回っている。釧路―東京線も予約率は3割増しで、ピークは下り便(釧路着)が4月27日~5月1日、上り便(釧路発)が同2日~6日となっている。釧路―大阪線については、下り便は期間中ほぼ残席わずかで、上り便も4月28、29の両日、5月4日~6日で空席が残り少なくなっている。

 例年春の大型連休で釧路空港を利用する旅行者は、4月末の前半と、5月3日からの後半に分かれるのが一般的だが、今回に限っては、祝日となる4月30日~5月2日の中盤に離発着する傾向も見られる。旅先は東京、大阪周辺のみならず、両空港を経由して海外に飛ぶなど多様で、動向の把握が難しいという。日本航空釧路空港所の木島淳所長は「ビジネス客中心の札幌便も搭乗率50%超で、例年より2割ほど引き合いが強い。フライトが重なる時間帯は、混み合うので余裕を持って移動してほしい」と話している。

 釧路空港駐車場を管理する空港支援機構釧路事務所によると、同駐車場は近年の釧路空港の増便、拡大により、平日でも7割以上が稼働し、週末や連休には長時間にわたり「満車」のサインがともるという。旅行者の飛行機への乗り遅れが懸念される事態では、空港管理者の国土交通省東京航空局釧路空港事務所の許可を得て、同空港事務所敷地内に車両を誘導、駐車させている。

 今回の10連休について、小林隆夫釧路事務所長は「いつものゴールデンウイークでは前半終了後の平日に一服感があるが、今回はない。むしろ長期駐車の割合が増えて車両の入れ替えがないために、満車状態がしばらく続く可能性もある」と指摘。空港利用者に混雑回避への協力を呼び掛けており「駐車のための臨時スペースの確保にも限りがある。自家用車であれば、時間に余裕を持って来場を。できれば、公共交通機関を利用してほしい」と話している。駐車料金は24時間ごとで普通車最大700円。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク