全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

音更町内最多 第8子誕生 水上さん夫妻

小野町長(右)から祝福を受けた水上さん一家

 音更町東和の農業水上芳広さん(40)と修子さん(40)夫妻に7日、第8子の次女が誕生した。26日に小野信次町長が自宅を訪れ、出産祝い品を贈呈した。

 芳広さんと修子さんの子どもは、長男(20)、次男(17)、三男(14)、四男(12)、長女(10)、五男(7)、六男(4)=と次女の6男2女。

 町によると、8人の子どもを持つ家族は町内で唯一。6人は5世帯いるものの7人はおらず、水上さん一家が最多という。

 芳広さんは子どもにはあまり口出しせず、どっしりと構える一家の大黒柱。このため子どもたちは伸び伸び暮らし「一度は外の世界を見てこい」と長男と次男は進学で家を離れ、三男も春から高校進学と同時に帯広で下宿を始める。次女の名前は子どもたちで決めたという。

 修子さんの妊娠が分かったのは昨年7月。女の子が欲しかった修子さんは「悩んだけど、もしかしたら女の子かもしれないと思って」と出産を決意。家を離れている長男と次男にも喜んでもらえたのも後押しとなった。子育てについては「あまり手はかからない子たちなのでそんなに苦ではなかった」と話す。

 これまで男兄弟に囲まれていた長女は、次女のミルクを作るなど率先して修子さんの子育てを手伝っている。妹ができたことに「お母さんにお願いしていたのでうれしい」と喜び、「沖縄の水族館に行ってきれいな魚を一緒に見たい」と笑顔を見せた。

 町には多子出産祝い金制度はないが、珍しい大家族ということで、家族には小野町長からモール温泉の入浴剤とよだれ掛けや靴下などの赤ちゃん用品、祝儀が手渡された。小野町長は「家族で支え合う理想の家庭。健やかに育ってほしい」と祝った。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク