全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

音更町内最多 第8子誕生 水上さん夫妻

小野町長(右)から祝福を受けた水上さん一家

 音更町東和の農業水上芳広さん(40)と修子さん(40)夫妻に7日、第8子の次女が誕生した。26日に小野信次町長が自宅を訪れ、出産祝い品を贈呈した。

 芳広さんと修子さんの子どもは、長男(20)、次男(17)、三男(14)、四男(12)、長女(10)、五男(7)、六男(4)=と次女の6男2女。

 町によると、8人の子どもを持つ家族は町内で唯一。6人は5世帯いるものの7人はおらず、水上さん一家が最多という。

 芳広さんは子どもにはあまり口出しせず、どっしりと構える一家の大黒柱。このため子どもたちは伸び伸び暮らし「一度は外の世界を見てこい」と長男と次男は進学で家を離れ、三男も春から高校進学と同時に帯広で下宿を始める。次女の名前は子どもたちで決めたという。

 修子さんの妊娠が分かったのは昨年7月。女の子が欲しかった修子さんは「悩んだけど、もしかしたら女の子かもしれないと思って」と出産を決意。家を離れている長男と次男にも喜んでもらえたのも後押しとなった。子育てについては「あまり手はかからない子たちなのでそんなに苦ではなかった」と話す。

 これまで男兄弟に囲まれていた長女は、次女のミルクを作るなど率先して修子さんの子育てを手伝っている。妹ができたことに「お母さんにお願いしていたのでうれしい」と喜び、「沖縄の水族館に行ってきれいな魚を一緒に見たい」と笑顔を見せた。

 町には多子出産祝い金制度はないが、珍しい大家族ということで、家族には小野町長からモール温泉の入浴剤とよだれ掛けや靴下などの赤ちゃん用品、祝儀が手渡された。小野町長は「家族で支え合う理想の家庭。健やかに育ってほしい」と祝った。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク