全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

音更町内最多 第8子誕生 水上さん夫妻

小野町長(右)から祝福を受けた水上さん一家

 音更町東和の農業水上芳広さん(40)と修子さん(40)夫妻に7日、第8子の次女が誕生した。26日に小野信次町長が自宅を訪れ、出産祝い品を贈呈した。

 芳広さんと修子さんの子どもは、長男(20)、次男(17)、三男(14)、四男(12)、長女(10)、五男(7)、六男(4)=と次女の6男2女。

 町によると、8人の子どもを持つ家族は町内で唯一。6人は5世帯いるものの7人はおらず、水上さん一家が最多という。

 芳広さんは子どもにはあまり口出しせず、どっしりと構える一家の大黒柱。このため子どもたちは伸び伸び暮らし「一度は外の世界を見てこい」と長男と次男は進学で家を離れ、三男も春から高校進学と同時に帯広で下宿を始める。次女の名前は子どもたちで決めたという。

 修子さんの妊娠が分かったのは昨年7月。女の子が欲しかった修子さんは「悩んだけど、もしかしたら女の子かもしれないと思って」と出産を決意。家を離れている長男と次男にも喜んでもらえたのも後押しとなった。子育てについては「あまり手はかからない子たちなのでそんなに苦ではなかった」と話す。

 これまで男兄弟に囲まれていた長女は、次女のミルクを作るなど率先して修子さんの子育てを手伝っている。妹ができたことに「お母さんにお願いしていたのでうれしい」と喜び、「沖縄の水族館に行ってきれいな魚を一緒に見たい」と笑顔を見せた。

 町には多子出産祝い金制度はないが、珍しい大家族ということで、家族には小野町長からモール温泉の入浴剤とよだれ掛けや靴下などの赤ちゃん用品、祝儀が手渡された。小野町長は「家族で支え合う理想の家庭。健やかに育ってほしい」と祝った。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク