全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。

広小路商店街を通る「馬車BAR」。歩行者も珍しさに見入っていた

 十勝シティデザイン(帯広、坂口琴美社長)が、中心市街地活性化や観光振興を目的に事業化。元ばんえい競走馬が馬車を引き、ばんえい競馬の元厩務(きゅうむ)員が運転を担当する。1月の事業発表から試験運行など準備を重ねてきた。

 同社が運営するホテル・ヌプカ(西2南10)前が発着点。北の屋台がある西1条通から広小路、平原通を通過、北の屋台前から西3条などを回って戻る。時速2キロ、約50分間。馬車は2階建てで18人乗り。

 第1便は約20人を招待。セレモニーでは創業者の柏尾哲哉さんと坂口社長が事業概要を説明、来賓の三井真十勝総合振興局長と杉山輝子市商店街振興組合連合会理事長が祝辞を述べた。

おしゃれな馬車で乾杯する招待者ら

 午後6時20分すぎに出発した馬車は途中、北の屋台で休憩。馬にニンジンを与えることができ、子どもたちは大喜びだった。ニンジンを20キロ寄贈した市民グループ「縁側サミット」代表の吉方朱美さん(71)は「蹄の音に風情がある。知らない者同士でも景色を見ると会話が弾む」と話していた。第2便には一般客が4人ほど利用した。

 柏尾さんは「定着まで時間はかかるかもしれないが、しっかり続けたい」と話していた。同社の「旅の始まりのビール」や放牧牛乳(足寄・ありがとう牧場)など1ドリンクとおつまみ付き、1人・3000円。運行は月、火、金、土曜日。1日3便体制(午後6時、同7時、同8時)。

 予約は公式サイト(https://bashabar.com/)から。当日3時間前からヌプカに行けば乗車できる。

関連記事

北羽新報社

「バスケの街」で熱戦 初のWリーグ能代大会

 バスケットボール女子・Wリーグの能代大会が2日、能代市総合体育館で開幕した。プレステージ・インターナショナル・アランマーレ(アランマーレ秋田)が静岡県のシャンソン化粧品シャンソンVマジックと対戦し...

福かき寄せ商売繁盛 豊橋の西光寺で「三河酉の市」

 年末の風物詩「三河酉の市2023」が1日、豊橋市大手町の西光寺で始まった。商売繁盛や家内安全を願い、多くの人が訪れた。主催は三河酉の市奉賛会。4年ぶりの完全開催となった。  1909年、浅...

鈴木亜由子さんが一日警察署長に

 年末の交通安全県民運動(12月1~10日)を前に、豊橋署は29日、豊橋市出身で女子マラソン選手の鈴木亜由子さん(32)を一日警察署長に委嘱した。母校の市立八町小学校であった交通安全教室に参加し、約...

毛ガニ漁不振でも…「早食い競争」復活 広尾・まんぷくまつり

 旬の毛ガニを中心に広尾産の海産物が一堂にそろう「広尾まんぷくまつり」(広尾町観光協会主催)が12月10日、シーサイドパーク特設会場(広尾町野塚)で開かれる。毛ガニ漁の不振を受けて、昨年に続き「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク