全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。

広小路商店街を通る「馬車BAR」。歩行者も珍しさに見入っていた

 十勝シティデザイン(帯広、坂口琴美社長)が、中心市街地活性化や観光振興を目的に事業化。元ばんえい競走馬が馬車を引き、ばんえい競馬の元厩務(きゅうむ)員が運転を担当する。1月の事業発表から試験運行など準備を重ねてきた。

 同社が運営するホテル・ヌプカ(西2南10)前が発着点。北の屋台がある西1条通から広小路、平原通を通過、北の屋台前から西3条などを回って戻る。時速2キロ、約50分間。馬車は2階建てで18人乗り。

 第1便は約20人を招待。セレモニーでは創業者の柏尾哲哉さんと坂口社長が事業概要を説明、来賓の三井真十勝総合振興局長と杉山輝子市商店街振興組合連合会理事長が祝辞を述べた。

おしゃれな馬車で乾杯する招待者ら

 午後6時20分すぎに出発した馬車は途中、北の屋台で休憩。馬にニンジンを与えることができ、子どもたちは大喜びだった。ニンジンを20キロ寄贈した市民グループ「縁側サミット」代表の吉方朱美さん(71)は「蹄の音に風情がある。知らない者同士でも景色を見ると会話が弾む」と話していた。第2便には一般客が4人ほど利用した。

 柏尾さんは「定着まで時間はかかるかもしれないが、しっかり続けたい」と話していた。同社の「旅の始まりのビール」や放牧牛乳(足寄・ありがとう牧場)など1ドリンクとおつまみ付き、1人・3000円。運行は月、火、金、土曜日。1日3便体制(午後6時、同7時、同8時)。

 予約は公式サイト(https://bashabar.com/)から。当日3時間前からヌプカに行けば乗車できる。

関連記事

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

長野日報社

防災への意識高めて あすウオーキングイベント JOCA駒ケ根

 能登半島地震で被災した住民らを応援するイベント「ゴッチャラリー2024」(生涯活躍のまち推進協議会主催)が11日まで、JOCA(本部・長野県駒ケ根市、青年海外協力協会)の拠点を中心に全国各地で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク