全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

令和改元で特設窓口 印南町

記念撮影ブースのイメージ。ぬいぐるみや新生活応援セット(手前)をプレゼントする

 和歌山県印南町は、令和への改元に伴い婚姻届と出生届が増えることが予想される祝日の5月1日、住民福祉課の受付窓口を特設する。通常の休日は宿直が対応しているが、この日は職員を増員し、記念撮影用のブースも設ける。

 同課によると、婚姻届の受理数は年間30~35件。5月1日は届け出が集中するとして、大型連休中だが複数の職員を配置して受理することにした。22日現在、5月1日の婚姻届に関する問い合わせが2件あるという。
 婚姻届を出した町内在住者には、町の事業を書いたパンフレットや町指定のごみ袋などが入った新生活応援セットの他、メッセージカード、町のマスコットキャラクター「カッくん&エルちゃん」のぬいぐるみをプレゼントする。
 また、町内在住で出生届を出した人には、赤ちゃんの名前入りメッセージカードと、男児にはカッくん、女児にはエルちゃんのぬいぐるみ、町が実施する事業を記したパンフレット、おむつ廃棄用の町指定ごみ袋、おむつの試供品をプレゼントする。
 婚姻届か出生届のいずれかを出した人は、希望すれば記念撮影ができる。各自が持参したカメラやスマートフォンなどで職員が撮影するもので、そのためのブースも用意する。

関連記事

長野日報社

地域住民とみそ造り 茅野市玉川保育園

 茅野市玉川保育園の園児は21日、地域住民とともに恒例のみそ造りを同園で行った。地域交流「コスモスの会」の活動で、園児たちは地域の人たちと手づくりの伝統製法を体験し、楽しく交流を深めた。  原...

豊橋で外食産業展が開幕

 食の祭典「第26回東三河外食産業展示会2019」(東愛知新聞社など後援)が22日、豊橋市神野新田町のホテルシーパレスリゾート室内テニス場を会場に始まった。外食関連の約120社がブースを出し、業務用...

荘内日報社

「酒田のうわさプロジェクト」本格的スタート

 10月にスタートする観光誘客事業「新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、酒田の街を楽しい「うわさ」で埋め尽くす「酒田のうわさプロジェクト」が本格的に始まった。青森県八戸...

紀伊民報社

熊野舞台に自転車レース 30日から

 国際自転車競技連合(UCI)公認の国際自転車ロードレース「第21回ツール・ド・熊野」が30日から6月2日までの4日間、和歌山県の新宮市や太地町などで開かれる。17チームが出場予定。主催する新宮...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク