全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

「なり山あやぐ」など宮古民謡が披露され、会場には多くの郷友らが訪れた=21日夜、ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。

 宮古出身者としてルーツを確認するとともに次世代に方言をつなごうと開催しているもの。これまでは「ミャークフツ(宮古方言)・ブドゥズ(踊り)・アーグ(歌)の夕べ」として開催したが、方言をメーンにしようとタイトルを変えた。

 第1部では歌や踊り、ライブ。第2部では鳴りとぅゆんみゃーく方言大会歴代最優秀賞受賞者の「ミヤークフツパナス」(方言話)。池間安子さん、下地政吉さんが登壇し、おもしろおかしい人生やサトウキビへの情熱を方言で披露。

 最後にフランス出身の宮古方言研究者で国立国語研究所に勤務するセリック・ケナンさんが「うむっしーうむっしーぬみゃーくふつ」(おもしろい、おもしろい宮古方言)を紹介、爆笑を誘った。

 郷友会の松原英男会長は終了後、「大会は盛会で多くの人に喜んでもらった。方言に愛着を持ってルーツを確認できるよう、これからも頑張っていきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク