全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

新鮮な魚介類を求める買い物客でにぎわった「新鮮なお魚まつり」=21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった。  お魚まつりは、魚食普及を目的に開催し、今回で25回目。会場にはブダイやカンパチ、トビ貝など魚介類のほか、各地区の漁業集落や女性グループの加工品が並んだ。  イセエビ汁には、販売開始前から行列ができる人気ぶり。魚介類や加工品も30分ほどで完売するコーナーがあった。  赤ウルメを購入した奄美市名瀬の女性(71)は「塩焼きや汁物にして食べる。魚が好きなので、年に2回開催してほしい」と笑顔で話した。  岩橋会長(53)は「イベント数日前になって天候が良くなり何とかイセエビなどを確保できた。奄美近海の魚介類の味を楽しんでもらいたい」と話した。

関連記事

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ 帯広まつもと薬局

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク