全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ 帯広まつもと薬局

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わせが殺到した。顧客の声に手応えをつかんだ同社は、ホームページで注文を受け付けて全国に提供することを決めた。

低たんぱくパンミックス粉を開発した管理栄養士の大西さん。2年間をかけて商品化にこぎ着けた

 慢性腎臓病や人工透析を受けている患者は腎臓に負荷をかけないため、たんぱく質を1日1グラム単位で管理しながら、十分なカロリーを摂取することが求められる。同製品は、腎臓病患者の栄養相談などを行う栄養課の管理栄養士、大西玲衣さんが開発した。

 道産の素材を使った同製品を水などでとき、ホットケーキと同じようにたねを作る。これを家庭用の炊飯器で調理すると、簡単に「おいしい低たんぱくパン」が出来上がるというアイデア商品。通常の食パンに比べ、たんぱく質を10分の1に抑えているという。

 2017年に地域住民向けに開いた低たんぱく料理講習会でサンドイッチの作り方を指導した大西さん。市販のミックス粉でおいしい低たんぱくパンが焼ける製品が見つからず、自分で作ってしまおうと考えた。

 出来上がったパンは料理講習会の参加者から大好評。大西さんは松本社長から「商品化して」と言われ、2年間をかけて材料の調達、製造、販路などを整えた。昨年秋に実施したモニター調査では管内の住民など約200人から好評を得られ、3月の発売にこぎ着けた。

 現在はミックス粉(810円)と、先行発売した調理済み冷凍パン(540円)を帯広市内のまつもと薬局5店舗(冷凍パンのみ南町店を除く)で販売しているが、「生産が追いつかず、冷凍パンは購入を来店時に1人1袋に限定している。ミックス粉もたくさんのリピーターがいて、製造委託先と相談して増産を考えなければという話が持ち上がっている」(大西さん)という。

 今後は、4月中に札幌の手稲店で冷凍パンの店頭販売を開始。5月下旬から、ミックス粉のインターネット販売を開始する。

 問い合わせは、まつもと薬局フロンティア店(0155・41・9333)へ。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク