全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ 帯広まつもと薬局

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わせが殺到した。顧客の声に手応えをつかんだ同社は、ホームページで注文を受け付けて全国に提供することを決めた。

低たんぱくパンミックス粉を開発した管理栄養士の大西さん。2年間をかけて商品化にこぎ着けた

 慢性腎臓病や人工透析を受けている患者は腎臓に負荷をかけないため、たんぱく質を1日1グラム単位で管理しながら、十分なカロリーを摂取することが求められる。同製品は、腎臓病患者の栄養相談などを行う栄養課の管理栄養士、大西玲衣さんが開発した。

 道産の素材を使った同製品を水などでとき、ホットケーキと同じようにたねを作る。これを家庭用の炊飯器で調理すると、簡単に「おいしい低たんぱくパン」が出来上がるというアイデア商品。通常の食パンに比べ、たんぱく質を10分の1に抑えているという。

 2017年に地域住民向けに開いた低たんぱく料理講習会でサンドイッチの作り方を指導した大西さん。市販のミックス粉でおいしい低たんぱくパンが焼ける製品が見つからず、自分で作ってしまおうと考えた。

 出来上がったパンは料理講習会の参加者から大好評。大西さんは松本社長から「商品化して」と言われ、2年間をかけて材料の調達、製造、販路などを整えた。昨年秋に実施したモニター調査では管内の住民など約200人から好評を得られ、3月の発売にこぎ着けた。

 現在はミックス粉(810円)と、先行発売した調理済み冷凍パン(540円)を帯広市内のまつもと薬局5店舗(冷凍パンのみ南町店を除く)で販売しているが、「生産が追いつかず、冷凍パンは購入を来店時に1人1袋に限定している。ミックス粉もたくさんのリピーターがいて、製造委託先と相談して増産を考えなければという話が持ち上がっている」(大西さん)という。

 今後は、4月中に札幌の手稲店で冷凍パンの店頭販売を開始。5月下旬から、ミックス粉のインターネット販売を開始する。

 問い合わせは、まつもと薬局フロンティア店(0155・41・9333)へ。

関連記事

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク