全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

人気遊具に親子笑顔 鳥居平やまびこ公園が開園

サマーボブスレーで楽しむ来園者=鳥居平やまびこ公園

本格的な春の行楽シーズンが到来し、岡谷市郊外の鳥居平やまびこ公園が21日、今季の営業を開始した。初日は無料開放した午前中を中心に、親子連れなど約1700人が来園して遊具や施設を楽しんだ。園内の「プリンス&スカイラインミュウジアム」も同日、開館した。

無料開放したサマーボブスレー、おもしろ自転車、サイクリング、ディスクゴルフは、多くの子どもたちでにぎわった。最大45分待ちの列ができたボブスレーでは、保護者と一緒に専用のそりに乗り、全長659メートルのコースで滑走を体験した。

岡谷市長地の渡辺綾子さん(37)は、夫と子ども3人で訪れた。開園を待ちわびていたといい「自分が小さかった頃によく遊びに来ていた。営業が始まったので、また子どもたちを連れて遊びに来たい」。2歳の次男は、「初めてボブスレーに乗った。楽しかった」と笑顔だった。

園内で運行するパークトレイン「どんぐりポッポ」も無料で楽しめたほか、シイタケ、ナメコなどの菌を打ったほだ木の特売、豚汁の無料配布、朱雀太鼓連の太鼓演奏があった。

公園を管理する、おかや文化振興事業団の古川幸男部長は「初日にたくさんの人が来てくれてうれしい。身近な公園として、多くの地元の人に利用してほしい」と話していた。

営業は11月10日まで。午前9時30分~午後5時。毎週火曜日休園。

問い合わせは鳥居平やまびこ公園管理事務所(電話0266・22・6313)へ。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク