全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

どぶろくの仕込み佳境 27日に御座石神社で祭り

どぶろく祭に向け佳境を迎えた仕込み作業

祭りの宴席でどぶろくが振る舞われる、茅野市無形文化財指定の伝統祭事、御座石神社(同市本町)のどぶろく祭に向け、どぶろくの仕込み作業が佳境を迎えた。仕込みは同神社境内の濁酒醸造蔵で行われており、近隣住民らは今年の出来に期待を寄せている。祭の宴席は27日午後2時から同神社境内で開かれる。

今年の仕込み作業を担うのは、守矢芳幸さん(66)、書記の伊藤昌文さん(65)、会計の細田信一さん(62)の3人。ダイヤ菊醸造元の諏訪大津屋本家酒造の指導を受けながら、仕込み作業や温度管理などを行っている。

醸造元で仕込まれた酒母は3月29日に醸造蔵に持ち込まれ、4月7~8日に3基のタンクに分けて仕込みを開始。毎日2回のかい入れ(かくはん)を行うほか、午前9時~午後9時までの間に5回の検温(品温)をする。「中仕込み」「留め仕込み」を終え、現在は氷の入った金属製の筒を使って品温を下げて、発酵の調整段階に来たという。

今年は約720キロの酒米(美山錦)を使用し1600リットルのどぶろくを製造する予定。アルコール度数は最終的に18度程度に調整するという。守矢さんは「多くの人が飲みやすい酒にしたい」とし、「今年は59%まで磨いた良い米で仕込みができた。仕上がりも期待できる」と笑顔をみせた。

関連記事

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク