全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

どぶろくの仕込み佳境 27日に御座石神社で祭り

どぶろく祭に向け佳境を迎えた仕込み作業

祭りの宴席でどぶろくが振る舞われる、茅野市無形文化財指定の伝統祭事、御座石神社(同市本町)のどぶろく祭に向け、どぶろくの仕込み作業が佳境を迎えた。仕込みは同神社境内の濁酒醸造蔵で行われており、近隣住民らは今年の出来に期待を寄せている。祭の宴席は27日午後2時から同神社境内で開かれる。

今年の仕込み作業を担うのは、守矢芳幸さん(66)、書記の伊藤昌文さん(65)、会計の細田信一さん(62)の3人。ダイヤ菊醸造元の諏訪大津屋本家酒造の指導を受けながら、仕込み作業や温度管理などを行っている。

醸造元で仕込まれた酒母は3月29日に醸造蔵に持ち込まれ、4月7~8日に3基のタンクに分けて仕込みを開始。毎日2回のかい入れ(かくはん)を行うほか、午前9時~午後9時までの間に5回の検温(品温)をする。「中仕込み」「留め仕込み」を終え、現在は氷の入った金属製の筒を使って品温を下げて、発酵の調整段階に来たという。

今年は約720キロの酒米(美山錦)を使用し1600リットルのどぶろくを製造する予定。アルコール度数は最終的に18度程度に調整するという。守矢さんは「多くの人が飲みやすい酒にしたい」とし、「今年は59%まで磨いた良い米で仕込みができた。仕上がりも期待できる」と笑顔をみせた。

関連記事

長野日報社

栽培甘栗使って商品開発 初崎製作所と赤穂高生 長野県

 精密機器製造の初崎製作所(長野県宮田村大田切、初崎哲也社長)と赤穂高校(駒ケ根市)商業科の3年生は、同社が栽培する甘栗を原料にしたドリンクとパンの商品開発に取り組んでいる。共同での商品開発は...

マンゴー、パイン全国へ 夏の味覚シーズン到来 宮古郵便局でゆうパック出荷式

宮古郵便局(保久村昌治局長)で19日、「宮古島産マンゴー・パインゆうパック出荷式」が行われた。職員や生産農家、航空関係、市の関係者らが参加し、夏の味覚の本格的な出荷シーズンの到来を喜んだ。出荷式は...

長野日報社

「赤いルバーブ」全国の百貨店へ 長野県富士見町特産、出荷始まる

 長野県富士見町ルバーブ生産組合の農家が栽培する町特産野菜「赤いルバーブ」の出荷が始まっている。同町富士見区内にある集出荷施設では、町内各地から集まった赤いルバーブの袋詰めに組合独自のステッカ...

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク