全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

どぶろくの仕込み佳境 27日に御座石神社で祭り

どぶろく祭に向け佳境を迎えた仕込み作業

祭りの宴席でどぶろくが振る舞われる、茅野市無形文化財指定の伝統祭事、御座石神社(同市本町)のどぶろく祭に向け、どぶろくの仕込み作業が佳境を迎えた。仕込みは同神社境内の濁酒醸造蔵で行われており、近隣住民らは今年の出来に期待を寄せている。祭の宴席は27日午後2時から同神社境内で開かれる。

今年の仕込み作業を担うのは、守矢芳幸さん(66)、書記の伊藤昌文さん(65)、会計の細田信一さん(62)の3人。ダイヤ菊醸造元の諏訪大津屋本家酒造の指導を受けながら、仕込み作業や温度管理などを行っている。

醸造元で仕込まれた酒母は3月29日に醸造蔵に持ち込まれ、4月7~8日に3基のタンクに分けて仕込みを開始。毎日2回のかい入れ(かくはん)を行うほか、午前9時~午後9時までの間に5回の検温(品温)をする。「中仕込み」「留め仕込み」を終え、現在は氷の入った金属製の筒を使って品温を下げて、発酵の調整段階に来たという。

今年は約720キロの酒米(美山錦)を使用し1600リットルのどぶろくを製造する予定。アルコール度数は最終的に18度程度に調整するという。守矢さんは「多くの人が飲みやすい酒にしたい」とし、「今年は59%まで磨いた良い米で仕込みができた。仕上がりも期待できる」と笑顔をみせた。

関連記事

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ 帯広まつもと薬局

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク