全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に実施する。同校教養探求コースの2年生が11月まで8回、市の現状や課題を学ぶとともに、高校生の目線から市活性化の政策を考え、提言する。

 ワークショップは本年度、若者の地元定着・回帰を促進する狙いなどから、昨年1月に市との間で地域を支える人材育成などに関する連携協定を締結した酒田南高の生徒を対象に、授業(総合学習)の一環で実施する。17日に同校南千日キャンパスで行われた初回のワークショップには、同校教養探求コースの2年生約100人が参加した。

 初めに、中原校長が「皆さんの提案が市に届く機会になるかも。社会で活躍する力になるよう、挑戦を」とあいさつ。ファシリテーターの稲村りささん(山形市)がワークショップの概要を説明した後、矢口明子副市長が講話で「外に出ていっても、戻ってきてほしい」など思いを伝えるとともに、駅周辺整備事業や全中学校への外国語指導助手の配置など、本年度の市の主要事業を説明。また、酒田市クイズとして「市の人口は約10万人だが、2040年には何人になる?」(答え約7万人)などの問題を解き、楽しみながら酒田の現状や課題を学んだ。その後、4人前後のグループに分かれ、この日の感想などを語り合った。

 佐藤海翔さん(16)は「市が意外に、外国との交流やまちを良くするために多くの事業をやっていると思った。特に駅前の事業は規模が大きく、まちのにぎわいにつながりそうなので、気になる」、八鍬慶斗さん(16)は「酒田はラーメンもおいしく、それほど不満はないが、ゲームセンターなど若者が遊べる場所が少ないので、そういう場所ができるように提言したい」と話した。

 この日を含め10月までワークショップ7回と学校の授業で、地元各界で活躍する人を招いて話を聞くなどし、市の現状や課題について理解を深めるとともに、酒田のまちをより良くするための政策を自分たちで話し合ってまとめ、11月の8回目に発表する予定。

ワークショップで矢口副市長の講話の感想などを語り合う酒田南高生たち=17日

関連記事

長野日報社

長野県内11年連続で減少 野生鳥獣の農林業被害

2018年度の長野県内の野生鳥獣による農林業被害は7億9500万円で前年度比約4000万円、4・9%減となり、11年連続で減少していることが県のまとめで分かった(速報値)。県鳥獣対策・ジビエ振...

豊橋祇園祭打ち上げ花火大会

 豊橋に夏の訪れを告げる「豊橋祇園祭」同奉賛会主催のハイライト、打ち上げ花火大会が20日夜、豊橋市中心街の豊川河川敷で行われ、東三河最大級の約1万2000発が夜空を華麗に彩った。  心配された雨も...

荘内日報社

NZ交流へビジネスプラン 公益大生が特別授業

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の2、3年生16人が19日、同市の県立酒田光陵高校(鈴木和仁校長)を訪問、「ニュージーランドホストタウン事業を切り口とした地方創生を実現する商品開発」を統一テーマ...

紀伊民報社

新田辺駅、23日利用開始

 JR西日本は、建て替え工事中のJR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)のコンコース(通路を兼ねた広場)と構内待合室の利用を23日の始発から開始する。改札は2018年11月から使用している。8月7日に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク