全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

総合格闘家ジャイアン ジビエの道へ

「古座川ジビエ山の光工房」で働き始めた総合格闘家ジャイアン貴裕こと鈴木貴裕さん(古座川町月野瀬で)

 総合格闘家「ジャイアン貴裕」としても活動している鈴木貴裕さん(32)=古座川町宇津木=がこの春から、古座川町の鳥獣食肉処理加工施設「古座川ジビエ山の光工房」(古座川町月野瀬)で働き始めた。すでに狩猟免許を取得しており、シカの解体にも挑戦するなど、現役格闘家が「ジビエの道」に踏み出した。先輩たちから狩猟や解体の技術を学び、今後はアスリート向けのジビエのPRにも力を入れていきたいという。
 鈴木さんは千葉県出身。自然豊かな場所で暮らしたいと白浜町出身の妻と2014年に生まれた長女と共に、17年に古座川町に移住した。県ふるさと定住センター(同町直見)で移住の支援員として2年間勤務し、この4月から町の臨時職員(鳥獣害対策実施隊員)として山の光工房で働くことになった。
 鳥獣肉の中でも特にシカ肉は高タンパク、低カロリーで、鉄分が豊富であるなど栄養価が高く、アスリートの体づくりに適した食材。鈴木さんは移住前から同町のジビエに関心があり、この工房が15年に設立されたことも移住を決めた理由の一つだったという。
 移住を機に町の鳥獣害担当職員と知り合い、工房で働く以前から町産鳥獣肉のブランド「古座川ジビエ」のPRに関わってきた。
 格闘家としてのネットワークを生かした取り組みにもつながっている。昨年12月31日にさいたま市であった格闘技イベント「RIZIN(ライジン)」の会場で古座川ジビエのブースを出し、シカ肉のステーキを販売。さらにアスリートに向けた古座川ジビエPRのキャッチコピー「古座川ジビエ大作戦」のロゴデザインは、格闘家にも愛用されているストリート系の人気アパレルブランド「モブスタイル」が手掛けた。
 狩猟免許は昨秋取得。今年3月には猟銃の所持許可も取った。シカの解体も勉強中だ。
 鈴木さんは「捕獲や解体などの技術を高めるとともに、アスリート向けのプロモーションに力を入れてやっていきたい。格闘家である自分がここにいる意味を示すことができれば」と話している。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク