全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝の可能性知る新授業 道外出身者に魅力伝える

開講した「とかち学」。初回の講師は奥田学長が務めた

 帯広畜産大学(奥田潔学長)で17日、新たな講義として「とかち学~十勝のキーマンから学ぶ~」が始まった。大学がある十勝の特色について、学外の行政や地域団体関係者、民間企業経営者らを講師に理解を深めていく。

 同大の今年度の新入生は7割近くが道外出身者。大学がある十勝への理解を深め、地域のポテンシャルを感じてもらい、十勝をフィールドにする大学への誇りを持ち、将来的に十勝や道内に定住してもらうことを狙いに開講した。

 講義は1年生以上が対象の選択科目で、全15回を予定。講師は帯広百年記念館や帯広信用金庫など学外からさまざまに迎え、米沢則寿帯広市長も講義を行う予定。今年度は150人近くが受講し、うち1年生は約120人。

 初回は奥田学長が講師を務め、「帯広畜産大学の役割と将来像」と題してスライドを展開。畜大の歴史や十勝の概要、各研究機関との連携や卒業生の話も紹介し、「本学は世界レベルの研究に取り組んでおり、その過程や公表することが大事。十勝を学びの場にたくさんのことに挑戦し、豊かな大学生活を送って」と呼び掛けた。

 愛知県出身の女子学生は「十勝は全国でも特殊な地域で少ししか知らないので、たくさん十勝のことを学びたい」と話した。

関連記事

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

紀伊民報社

水槽内も「芸術の秋」 エビとカニの水族館

 和歌山県すさみ町江住のエビとカニの水族館は、「芸術の秋~飼育員が選ぶ海の芸術賞~」と題した特別展を開いている。「色・形がさまざまで美しいで賞」「細くてかっこいいで賞」などのユニークな賞を設定。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク