全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

オーストラリアの小学校長一家が来校

スカイプ交流する豊川の一宮西部小へ

 2020(令和2)年度からの英語教育の本格化に備え、独自の研究や取り組みを行っている豊川市立一宮西部小学校(柴田斉子校長)に、交流を続けるオーストラリア・ビクトリア州にあるサマビル小学校のアンドリュー・ヘイリー校長と家族が来校し、児童と交流した。  アンドリューさん一家は休暇を利用した旅行で来日中。一宮西部小とサマビル小はこれまで通信電話サービス「スカイプ」を使い、英会話で交流を続けており、アンドリューさんが「直接会いたい」と初めて来訪した。

 6年生の学級ではグループごとにオーストラリアについて知識を深め、アンドリューさんは持参した同国の瓶詰めの発酵食品「ベジマイト」を「オーストラリアで最もポピュラーな食べ物」と紹介。児童らは香りを楽しんだりして、日本にはない食品に興味津々だった。

 4年生の学級では、アンドリューさんの妻・レベッカさんが英語で絵本の読み聞かせを行い、娘のマディさん(9)と息子のマイルズ君(8)も質問に答えるなどして、年齢の近い児童らと交流を楽しんだ。  このほか、同校で行っている地震を想定した避難訓練の様子も見学。アンドリューさんはオーストラリアでも年4回の避難訓練があることや、5分が避難の目安であることを紹介した。給食も一緒に食べ、教室に笑顔が広がった。  児童は「アイコンタクトを意識して話ができた」「質問にはきはきと答える様子にびっくりした」「習った英語を使って自己紹介できたのがよかった。分からない言葉があっても、工夫して気持ちを伝えることができた」などと貴重な時間を振り返った。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク