全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

新聞で思考力養おう 新社会人が研修

「まわしよみ新聞」作りに取り組む研修受講生(16日、田辺市新屋敷町で)

 紀伊民報は16日、新聞を活用して仕事に必要な思考力やコミュニケーション能力を養う新社会人研修を田辺商工会議所(和歌山県田辺市新屋敷町)で開いた。市役所や市内企業の若手16人が、講演やワークショップを受講した。
 気に入った新聞記事を切り貼りして、壁新聞を作るワークショップ「まわしよみ新聞」では、紀伊民報の社員も加わり、初対面同士4人一組の5班で、記事について意見交換しながら、イラスト入りの個性的な新聞を完成させた。
 講演では、紀伊民報の石井晃編集局長が「文章を読み書きすることは、自分が知らないことを学び、学んだことを表現すること。新聞は幅広い知識が得られ、物事をバランス良く見る感覚が養われる。読書と観察という下地があってこそ、思索が深まる。それが文章を書く源泉になる」と述べた。
 文章力を身に付けるため、1日を振り返る「3行メモ」を推薦。「たった3行なら毎日続けられる。その習慣が文章を書くハードルを低くし、考える習慣を身に付けることにつながる」と呼び掛けた。  もう一人の講師、高垣工務店(同市神子浜2丁目)の石山登啓社長は「新聞広告をきっかけに、業績が3年で3倍に増えた。紙面で地域の人たちの活躍を読むことで、自尊心が高まる」と外部の視点で新聞の効用を述べた。
 受講した三菱UFJ銀行田辺支店(同市栄町)の森本有貴さん(25)は「仕事と思って読むのはしんどい。読みやすい記事から読めばいいんだと感じた。自分の考えを文章化するため、3行メモは実践したい」、田辺市防災まちづくり課の平山和也さん(29)も「自分の目に全く入らなかった記事が面白く紹介され、いろんな価値観があることを実感した」と新聞との付き合い方を新たにした。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク