全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

新聞で思考力養おう 新社会人が研修

「まわしよみ新聞」作りに取り組む研修受講生(16日、田辺市新屋敷町で)

 紀伊民報は16日、新聞を活用して仕事に必要な思考力やコミュニケーション能力を養う新社会人研修を田辺商工会議所(和歌山県田辺市新屋敷町)で開いた。市役所や市内企業の若手16人が、講演やワークショップを受講した。
 気に入った新聞記事を切り貼りして、壁新聞を作るワークショップ「まわしよみ新聞」では、紀伊民報の社員も加わり、初対面同士4人一組の5班で、記事について意見交換しながら、イラスト入りの個性的な新聞を完成させた。
 講演では、紀伊民報の石井晃編集局長が「文章を読み書きすることは、自分が知らないことを学び、学んだことを表現すること。新聞は幅広い知識が得られ、物事をバランス良く見る感覚が養われる。読書と観察という下地があってこそ、思索が深まる。それが文章を書く源泉になる」と述べた。
 文章力を身に付けるため、1日を振り返る「3行メモ」を推薦。「たった3行なら毎日続けられる。その習慣が文章を書くハードルを低くし、考える習慣を身に付けることにつながる」と呼び掛けた。  もう一人の講師、高垣工務店(同市神子浜2丁目)の石山登啓社長は「新聞広告をきっかけに、業績が3年で3倍に増えた。紙面で地域の人たちの活躍を読むことで、自尊心が高まる」と外部の視点で新聞の効用を述べた。
 受講した三菱UFJ銀行田辺支店(同市栄町)の森本有貴さん(25)は「仕事と思って読むのはしんどい。読みやすい記事から読めばいいんだと感じた。自分の考えを文章化するため、3行メモは実践したい」、田辺市防災まちづくり課の平山和也さん(29)も「自分の目に全く入らなかった記事が面白く紹介され、いろんな価値観があることを実感した」と新聞との付き合い方を新たにした。

関連記事

最後の豊川手筒まつり

 今年で最後を迎えた豊川市民まつり「第32回豊川手筒まつり」が24日夜、豊川市野球場で開催された。  午後6時から約3時間、全39ステージで市内の13連区による約400本の手筒煙火や、企業・団体によ...

荘内日報社

旧「ホテル雷屋」解体へ

 鶴岡市は23日、廃業後約12年間にわたって放置されている同市の堅苔沢地区の沿岸にある7階建ての旧「ホテル雷屋」を、空家対策特別措置法に基づく略式代執行で解体する方針を明らかにした。老朽化で外壁や屋上の...

紀伊民報社

調理体験型カレーパン食堂

 大学生が経営する調理体験型のカレーパン食堂が26日、JR紀伊田辺駅前のミュージックカフェ「モミの木」を借りてオープンする。客にカレーや具材を生地に詰めてもらい、揚げたてを提供する。9月1日まで...

宇部日報社

山口市とJR西日本山口支社が9月からレノファのラッピング列車

 山口市とJR西日本山口支社は23日、サッカーJ2レノファ山口のマスコットキャラクター「レノ丸」と市の観光名所のイラストをあしらったラッピング列車を運行すると発表した。9月1日から山口線を中心に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク