全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

外国籍生徒支援校「みらい西」開設

豊橋羽田中に2校目

 豊橋市教育委員会は、来日間もない外国籍中学生らのため、日本語指導を集中的に行う初期支援校「みらい西」を市立羽田中学校に開設した。市立豊岡中学校に次ぐ市内2校目。増え続ける外国籍生徒が日本の学校にスムーズに適応し、いち早く教科学習へ移行することを目指す。  市内では1月現在、外国籍生徒615人が暮らし、10年前に比べ1・5倍以上に増えている。来日後、従来あった初期支援教室を経ずに編入する生徒が増え、日本語が不自由なまま高校生になっている子もいたため、新たな支援として昨年度から外国籍の子どもが多い市内東部地域の豊岡中に「みらい」を設置。1年間で3カ国40人が修了した。  今年度から市内に点在する生徒のため、豊橋駅から近い同校が2校目に。生徒たちは居住校区に学籍を置きながら、月~木曜の200時間(10週間)にわたり、日本語の読み書きや英語、数学を学ぶ。

 15日の開校式では、山西正泰教育長が「早く日本の生活に慣れ、毎日を楽しく過ごせるよう全力でサポートしたい。日本語の勉強を頑張ってください」と激励。修了生で、この春から市立豊橋高校に通うフィリピン出身の先輩は「去年の今頃は1年後に高校へ入学できるなんて考えてもいませんでした」などと語り、みらいでの生活や調理師になる夢を持てたことなどを発表した。  1期生となるブラジル、フィリピン、中国3カ国の1年生5人は「未来に向かって日本語の勉強や学校生活を頑張ります」と日本語で宣誓。昨年10月にブラジルから来日した南陽中1年の宮城ユキさん(12)は「日本語をしっかり勉強して大学へ行きたい」と力強く語った。

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク