全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

力合わせ資源守ろう 全国カツオサミット

カツオの模型で一本釣りを体験する子どもら(25日、すさみ町周参見で)

 すさみ町で24、25日に「全国カツオまつりサミットinすさみ」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。シンポジウムでは、カツオ漁やかつお節の生産が盛んな全国の関係者が出席。厳しい現状を広く知ってもらい、資源を守っていく必要性を確認した。

 シンポジウムは24日、周参見中学校の体育館であった。印南町、宮崎県日南市、高知県土佐清水市、黒潮町、中土佐町、鹿児島県枕崎市、千葉県勝浦市の関係者と、地元の「すさみケンケンかつおブランド委員会」会長の朝本紀夫さんらが登壇。「カツオの一本釣りやケンケン(引き縄)漁を残すために頑張りたい」「残された資源を皆で共有する必要がある」「漁業界以外にも、いかに(現状を)分かってもらうかという努力も大切」などと意見を出し合った。  進行役を務めた全国沿岸漁民連絡協議会事務局長の二平章さんは「これからの動きが重要になってくる。カツオ漁の大切さが広がっていくことを期待したい」と語った。  シンポジウムの最後には、すさみ町周参見の中村千佳子さんが、カツオ資源の再生を目指し、カツオ漁と伝統の食文化を守って漁村の未来をつくろうという「和歌山アピール」を発表した。  実行委員長の岩田勉すさみ町長は「漁獲量の減少や漁業者の高齢化、後継者不足という共通の危機感を持っている各地域の関係者が、カツオ漁やかつお節の発祥地・紀州に集まってくれたことは意義深い。今回のサミットを、一歩を踏み出すきっかけにしたい」と話した。

 また25日には、同町周参見の和歌山南漁協すさみ支所でカツオまつりも開催され。カツオの試食や一本釣り、漁船の体験イベントがあったほか、各地の物産が並び、家族連れらでにぎわった。  カツオは500食分の刺し身が用意され、来場者に配られた。開始前から長蛇の列となり、一番人気だった。  一本釣り体験コーナーは高知県土佐清水市が開設。カツオの形をした3キロの模型や6キロと8キロの重りをさおで釣り上げて、一本釣りの醍醐味(だいごみ)を味わった。あまりの重さにさおが大きくしなり、取り込みに苦労する人もおり、観客から声援が送られた。  田辺市南新万の橋度旭さん(29)は3歳の長男と一緒に挑戦。「釣りが好きで、子どもが大きくなったら一緒に行こうと思っている。その前に体験したが、子どもにはさすがに重かった」と話した。  イノブタやマグロ、クジラ、サンマ、カキなどを使ったご当地グルメは、行列ができるほどの人気で、何カ所も回る人もいた。  すさみ町内にリゾートマンションを持ち、年に数回、夫と一緒にやって来るという大阪市の猪子穰子さん(75)は「カツオが好きで、この時季は楽しみ。今日はイワガキも食べたし、芋餅など好きな物をたくさん買った」と笑顔を見せた。  まつりの運営は町と包括支援協定を結ぶ摂南大学(大阪府寝屋川市)の学生らも手伝った。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

昼間の「おばけ」楽しむ

 こども未来館「ここにこ」(豊橋市松葉町3)で、「ひるまのおばけ広場」が開かれている。親子連れで各回満員となるほどの盛況だ。  2年前から館内の展示室を使って、おばけ屋敷を開いてきたが、新型...

長野日報社

辰野西小考案「真ん・中夫(まん・なかお)」 ゆるキャラGPに挑戦

辰野町辰野西小学校の4年生66人が、オリジナルキャラクター「真ん・中夫(まん・なかお)」を活用して、日本の地理的中心に位置する町の魅力発信プロジェクトに取り組んでいる。2018年度の卒業生が考...

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク