全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

手向の宿坊街「提灯ロード」点灯

 出羽三山の門前町・鶴岡市羽黒町手向地区で13日夕、宿坊街を提灯(ちょうちん)で照らす「光の道(提灯ロード)」プロジェクトの点灯式が行われた。宿坊や民家の軒先に下げられた40基の提灯が淡い光を放つ中、山伏や地元住民が提灯ロードを練り歩いた。

 門前町の歴史と文化を継承し新たな魅力を創出しようと、手向まちなみ提灯維持保全会(早坂眞一会長)と手向地区自治振興会(勝木正人会長)などがプロジェクトを企画。出羽三山神社の協力で、羽黒山の御神木を提灯の台座に利用するなど準備を進めてきた。提灯(縦約70センチ、横約45センチ)は乾電池式のLED(発光ダイオード)でともし、ぬくもりある淡いオレンジ色。

 羽黒山参道入り口の随神門前で点灯式があり、早坂会長が「以前は宿坊の門に提灯をともし、秋の峰の修行を終えた山伏を出迎えていた。厳しい修行を積んだ山伏たちは、提灯の明かりを見て感激したという。日本遺産に認定された町並みの景観づくりを進め、歴史ある伝統文化を守っていこう」とあいさつ。神事の後、皆川治市長と宮野直生出羽三山神社宮司がスイッチを押し、提灯に点灯した。

 引き続き住民や山伏など約60人が小型の提灯を手に地区内を練り歩き、山伏のほら貝の音が聞こえると宿坊や民家の住民も玄関先に出て、提灯の柔らかな光に包まれた宿坊街を進む行列を出迎えていた。

 提灯は出羽三山神社の花祭りや八朔祭、松例祭などの行事や、大型連休、お盆の時期などに設置し、門前町の新たな魅力を創出していく。

点灯式後、提灯がともされた宿坊街を練り歩く山伏と住民たち

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク