全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

手向の宿坊街「提灯ロード」点灯

 出羽三山の門前町・鶴岡市羽黒町手向地区で13日夕、宿坊街を提灯(ちょうちん)で照らす「光の道(提灯ロード)」プロジェクトの点灯式が行われた。宿坊や民家の軒先に下げられた40基の提灯が淡い光を放つ中、山伏や地元住民が提灯ロードを練り歩いた。

 門前町の歴史と文化を継承し新たな魅力を創出しようと、手向まちなみ提灯維持保全会(早坂眞一会長)と手向地区自治振興会(勝木正人会長)などがプロジェクトを企画。出羽三山神社の協力で、羽黒山の御神木を提灯の台座に利用するなど準備を進めてきた。提灯(縦約70センチ、横約45センチ)は乾電池式のLED(発光ダイオード)でともし、ぬくもりある淡いオレンジ色。

 羽黒山参道入り口の随神門前で点灯式があり、早坂会長が「以前は宿坊の門に提灯をともし、秋の峰の修行を終えた山伏を出迎えていた。厳しい修行を積んだ山伏たちは、提灯の明かりを見て感激したという。日本遺産に認定された町並みの景観づくりを進め、歴史ある伝統文化を守っていこう」とあいさつ。神事の後、皆川治市長と宮野直生出羽三山神社宮司がスイッチを押し、提灯に点灯した。

 引き続き住民や山伏など約60人が小型の提灯を手に地区内を練り歩き、山伏のほら貝の音が聞こえると宿坊や民家の住民も玄関先に出て、提灯の柔らかな光に包まれた宿坊街を進む行列を出迎えていた。

 提灯は出羽三山神社の花祭りや八朔祭、松例祭などの行事や、大型連休、お盆の時期などに設置し、門前町の新たな魅力を創出していく。

点灯式後、提灯がともされた宿坊街を練り歩く山伏と住民たち

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク