全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広・幸福駅で願かけて 切符形「願札」とハートの「結札」登場

 帯広市の幸福駅でカフェを運営するカンナ・カンナ(三浦直美代表)は21日から、地域の木材を活用した木札「幸福願札(ねがいふだ)」と「幸福結札(むすびふだ)」を提供する。生産活動を通じて発達障害や引きこもりなど社会的に弱い立場の人とのつながりが生まれることも期待され、観光と福祉をつなげる「観福連携」を推進する。

「幸福願札」と「幸福結札」を手にする(右から)三浦代表と夫の潤一さん

地域の木材を活用
 幸福駅は「恋人の聖地」として全国的にも認知度が高い観光スポットだが、「幸せ」や「願い」を主な目的に提供されているツールはなかった。

 そこで新たなコンテンツとして、木材販売のBATON PLUS(浦幌町)の協力を得て、地域のカラマツ材を活用した木札を販売することを考えた。

福祉と観光連携も
 また、発案者で三浦代表の夫の潤一さんは発達障害を持ちながら、環境活動や発達障害当事者・家族の支援に取り組んできた。木札生産に当たっては、ひもを通したり、スタンプを押したりする軽作業を社会的に立場の弱い人に担ってもらい、環境・観光・福祉を融合させたコンテンツとして進めていきたい考え。

 潤一さんは「観光と福祉をうまく連携させた例は今までなかった。ここから広めていきたい」と話している。

 願札は縦8センチ、横15センチの切符形で600円。結札は縦9センチ、横12センチのハート形で800円。2年前から閉店していた幸福駅の「願いごと館」をリニューアルさせ、取り扱う。

 木札は幸福駅に設置される専用の台とカフェ幸福村に掛けることができ、年に1度、帯広の大正神社に奉納される。幸福駅でのウエディングイベント「ハッピーセレモニー」でも、メッセージカードの代わりに木札に書いてもらうことも計画している。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

朝ドラ「バターチャーン」脚光 ふるさと館の来館者急増 幕別

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」にも登場したバター製造の道具「バターチャーン」を所蔵する幕別町ふるさと館(町依田384ノ3)の来館者が伸びている。5月の来館者は239人で前年同月の2.6倍に。札...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク