全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

東京オリ・パラ鶴岡ホストタウン推進委総会 ツルと山伏のイメージキャラクター発表

 来年の東京五輪・パラリンピックに向けた鶴岡ホストタウン推進委員会(委員長・皆川治市長)の総会が12日、鶴岡市小真木原総合体育館で開かれた。モルドバのアーチェリー五輪代表候補選手の強化合宿受け入れなど本年度の事業計画を決め、ツルと出羽三山の山伏をモチーフにしたイメージキャラクターも発表された。

 同市はモルドバとドイツのホストタウンに登録されている。本年度は、交流事業として皆川市長らが10月に両国を訪れ、大会に向けた事前合宿について競技団体と合意締結を行う。鶴岡でのモルドバのアーチェリー強化合宿は、今月16日から5月3日までの日程で行われ、地元の中高校生との合同練習、五輪出場を目指す同市の中村美樹選手(ハードオフ、鶴岡工業高出)も参加する交流イベントなどが予定されている。

 ホストタウン事業の推進に向けたイメージキャラクターは、鶴岡ホストタウン企業協賛会(会長・武田啓之渡会電気土木社長)が提案した。のぼり旗などにデザインを活用して、両国との交流事業の盛り上げに役立てる。

鶴岡のホストタウン事業推進に活用されるイメージキャラクター

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク