全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

異動シーズン帯広市役所混雑 時間延長や土曜に臨時窓口も

転出入の届け出で混雑する帯広市役所1階の窓口

 年度末と年度始めの異動シーズンを迎え、帯広市役所は転出入の手続きをする人で混み合っている。市は26日から4月7日まで、戸籍の届け出や国民健康保険、水道、小・中学校の転入などを担当する6課で、受付時間を延長したり、土曜日に臨時窓口を開設したりする。

 市役所1階戸籍住民課では、転出は今月末、転入は週明けの4月2、3日ごろに集中すると予想される。1日の届け出数は平常時の4倍を超えるといい、市はスムーズに対応できるよう、窓口を増設し、ロビーにも案内職員を配置している。

 受付時間を延長するのは、戸籍住民課、国保課、上下水道部料金課(いずれも1階)、市民税課(2階)、こども課(3階)、学校教育課(8階)の6課。

 期間中の受付時間は、平日が午前8時45分~午後7時。土曜日の臨時窓口は午前8時45分~午後5時半。マイナンバーカードの交付は午後6時半まで、土曜日は同5時半まで。

 市は「昼前後はかなり混雑するが、午前中の早い時間帯や夕方ごろは比較的すいている。土曜日も受け付けているので利用してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク