全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

外国人が最多の6人 和歌山ファイティングバーズ

今季の活躍が期待される和歌山ファイティングバーズの外国人選手(田辺市内で)

 和歌山県田辺市を拠点に活動する野球関西独立リーグの和歌山ファイティングバーズ(FB)は今季、外国人選手が6人在籍している。出身地は台湾、韓国、ハワイ、ベネズエラとさまざまで、発足3年目で最多。紀南に移住し、日本のプロ野球入りやチームの優勝を目指して野球に打ち込んでいる。
 和歌山FBの外国人選手は、昨季はハワイ出身のオカダ・ギャビン・タカユキ選手(26)と台湾の選手がいたが、台湾の選手は途中で退団した。今季はギャビン選手に加えて台湾から3人、韓国から1人、ベネズエラから1人が入団した。
 台湾の陳立杰(25)、杜東陽(24)、朱建賓(25)の3選手は、いずれも大学まで野球を続け、初めて日本のチームに入った。韓国のユン・ヒョンジュン選手(24)は関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズ(兵庫県三田市)から移籍した。
 ベネズエラのバルガス・ランゲル・アリ・モイセス選手(25)は、スウェーデンのアマチュアチームに所属しながら短期間に世界各国のチームでプレーし、初めて日本球界へ。左投げの投手でリリーフの即戦力として期待されており「チームをリーグ優勝に導き、日本のプロ野球に入ることが目標」と意気込む。
 和歌山FBの選手は田辺・西牟婁で働きながら野球をしている。昨季から在籍し、日本語が堪能なギャビン選手は飲食店で働いているが、それ以外の5人はまだ日本の生活に慣れていないため、梅やミカンの収穫期に農家を手伝う予定。
 足の速さに自信があるという朱選手は「打率3割を打って日本のプロ野球に入りたい。日本は食べ物がおいしく、自然の環境も良い」と話している。
 和歌山FBは昨年、韓国の独立リーグと連携協定を結ぶなど海外のチームと交流している。日本で野球がしたい外国人選手の受け皿になると同時に、海外でプレーする日本人選手を送り出したいという。

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク