全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

外国人が最多の6人 和歌山ファイティングバーズ

今季の活躍が期待される和歌山ファイティングバーズの外国人選手(田辺市内で)

 和歌山県田辺市を拠点に活動する野球関西独立リーグの和歌山ファイティングバーズ(FB)は今季、外国人選手が6人在籍している。出身地は台湾、韓国、ハワイ、ベネズエラとさまざまで、発足3年目で最多。紀南に移住し、日本のプロ野球入りやチームの優勝を目指して野球に打ち込んでいる。
 和歌山FBの外国人選手は、昨季はハワイ出身のオカダ・ギャビン・タカユキ選手(26)と台湾の選手がいたが、台湾の選手は途中で退団した。今季はギャビン選手に加えて台湾から3人、韓国から1人、ベネズエラから1人が入団した。
 台湾の陳立杰(25)、杜東陽(24)、朱建賓(25)の3選手は、いずれも大学まで野球を続け、初めて日本のチームに入った。韓国のユン・ヒョンジュン選手(24)は関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズ(兵庫県三田市)から移籍した。
 ベネズエラのバルガス・ランゲル・アリ・モイセス選手(25)は、スウェーデンのアマチュアチームに所属しながら短期間に世界各国のチームでプレーし、初めて日本球界へ。左投げの投手でリリーフの即戦力として期待されており「チームをリーグ優勝に導き、日本のプロ野球に入ることが目標」と意気込む。
 和歌山FBの選手は田辺・西牟婁で働きながら野球をしている。昨季から在籍し、日本語が堪能なギャビン選手は飲食店で働いているが、それ以外の5人はまだ日本の生活に慣れていないため、梅やミカンの収穫期に農家を手伝う予定。
 足の速さに自信があるという朱選手は「打率3割を打って日本のプロ野球に入りたい。日本は食べ物がおいしく、自然の環境も良い」と話している。
 和歌山FBは昨年、韓国の独立リーグと連携協定を結ぶなど海外のチームと交流している。日本で野球がしたい外国人選手の受け皿になると同時に、海外でプレーする日本人選手を送り出したいという。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク