全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

外国人が最多の6人 和歌山ファイティングバーズ

今季の活躍が期待される和歌山ファイティングバーズの外国人選手(田辺市内で)

 和歌山県田辺市を拠点に活動する野球関西独立リーグの和歌山ファイティングバーズ(FB)は今季、外国人選手が6人在籍している。出身地は台湾、韓国、ハワイ、ベネズエラとさまざまで、発足3年目で最多。紀南に移住し、日本のプロ野球入りやチームの優勝を目指して野球に打ち込んでいる。
 和歌山FBの外国人選手は、昨季はハワイ出身のオカダ・ギャビン・タカユキ選手(26)と台湾の選手がいたが、台湾の選手は途中で退団した。今季はギャビン選手に加えて台湾から3人、韓国から1人、ベネズエラから1人が入団した。
 台湾の陳立杰(25)、杜東陽(24)、朱建賓(25)の3選手は、いずれも大学まで野球を続け、初めて日本のチームに入った。韓国のユン・ヒョンジュン選手(24)は関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズ(兵庫県三田市)から移籍した。
 ベネズエラのバルガス・ランゲル・アリ・モイセス選手(25)は、スウェーデンのアマチュアチームに所属しながら短期間に世界各国のチームでプレーし、初めて日本球界へ。左投げの投手でリリーフの即戦力として期待されており「チームをリーグ優勝に導き、日本のプロ野球に入ることが目標」と意気込む。
 和歌山FBの選手は田辺・西牟婁で働きながら野球をしている。昨季から在籍し、日本語が堪能なギャビン選手は飲食店で働いているが、それ以外の5人はまだ日本の生活に慣れていないため、梅やミカンの収穫期に農家を手伝う予定。
 足の速さに自信があるという朱選手は「打率3割を打って日本のプロ野球に入りたい。日本は食べ物がおいしく、自然の環境も良い」と話している。
 和歌山FBは昨年、韓国の独立リーグと連携協定を結ぶなど海外のチームと交流している。日本で野球がしたい外国人選手の受け皿になると同時に、海外でプレーする日本人選手を送り出したいという。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク