全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

なつぞら 草刈さんと愛馬「桃姫」 幕別・忠類の蛭川さん馬車指導

「なつぞら」に出演する桃姫と蛭川さん(右)。左は妻の千鶴子さん

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」では、十勝の自然に溶け込んだ印象的な馬車のシーンが登場する。馬車指導を担当したのは幕別町忠類の蛭川徹さん(43)で、愛馬「桃姫」(雌、11歳)が草刈正雄さんと息の合った演技を披露している。

 劇中では牛乳運搬や移動手段として、草刈さん演じる柴田泰樹が馬車を操っている。蛭川さんは馬牧場「ノースポール・ステイブルヒルカワ」代表。8年前からイベント会場で馬車営業を行い、近年は馬耕(ばこう)文化伝承にも力を入れている。

 草刈さんは十勝ロケ直前の2018年6月に蛭川さんの牧場を訪れ、2日間練習した。牧場から1キロ先の耕作放棄地まで桃姫を操り馬車で移動し、プラウと呼ばれる農機具を引かせて畑起こしを体験した。

 楽しそうに何度も繰り返した草刈さんは、プラウ操作の効果的な歩き方を編み出し、「座頭市歩き」と名付けたという。この練習成果は、13日放送の馬を使った農地開墾や馬耕シーンに生かされた。

 撮影現場にも立ち会った蛭川さんは「草刈さんは自然体で、馬が止まってもあせらず御していた。賢くておとなしい桃姫との相性も良く、息が合っていた」と振り返る。

 中間種の桃姫はこれまでも数回、ドラマや映画に出演したベテラン役者。過去には銃で撃たれて死ぬという難役にも挑戦した。準備中に草を食べて周囲をはらはらさせたが、本番では微動だにせず、カットが掛かるとすぐに起き上がる“プロ根性”を見せた。

 なつぞらでは、開拓時の人間と馬の密接な関係も描かれている。蛭川さんは「開拓者の生きる知恵や人間力は学ぶべきものがある。馬文化を残すため、なつぞらをきっかけに多くの人に興味を持ってほしい」と期待する。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク