全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

なつぞら 草刈さんと愛馬「桃姫」 幕別・忠類の蛭川さん馬車指導

「なつぞら」に出演する桃姫と蛭川さん(右)。左は妻の千鶴子さん

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」では、十勝の自然に溶け込んだ印象的な馬車のシーンが登場する。馬車指導を担当したのは幕別町忠類の蛭川徹さん(43)で、愛馬「桃姫」(雌、11歳)が草刈正雄さんと息の合った演技を披露している。

 劇中では牛乳運搬や移動手段として、草刈さん演じる柴田泰樹が馬車を操っている。蛭川さんは馬牧場「ノースポール・ステイブルヒルカワ」代表。8年前からイベント会場で馬車営業を行い、近年は馬耕(ばこう)文化伝承にも力を入れている。

 草刈さんは十勝ロケ直前の2018年6月に蛭川さんの牧場を訪れ、2日間練習した。牧場から1キロ先の耕作放棄地まで桃姫を操り馬車で移動し、プラウと呼ばれる農機具を引かせて畑起こしを体験した。

 楽しそうに何度も繰り返した草刈さんは、プラウ操作の効果的な歩き方を編み出し、「座頭市歩き」と名付けたという。この練習成果は、13日放送の馬を使った農地開墾や馬耕シーンに生かされた。

 撮影現場にも立ち会った蛭川さんは「草刈さんは自然体で、馬が止まってもあせらず御していた。賢くておとなしい桃姫との相性も良く、息が合っていた」と振り返る。

 中間種の桃姫はこれまでも数回、ドラマや映画に出演したベテラン役者。過去には銃で撃たれて死ぬという難役にも挑戦した。準備中に草を食べて周囲をはらはらさせたが、本番では微動だにせず、カットが掛かるとすぐに起き上がる“プロ根性”を見せた。

 なつぞらでは、開拓時の人間と馬の密接な関係も描かれている。蛭川さんは「開拓者の生きる知恵や人間力は学ぶべきものがある。馬文化を残すため、なつぞらをきっかけに多くの人に興味を持ってほしい」と期待する。

関連記事

満員の観客、万雷の拍手 うつぐみ芸能交流高知公演

 【高知】竹富島や高知県など4道県合同の郷土芸能大会「うつぐみ文化芸能交流高知公演~郷土芸能でこじゃんとめんそーれ!~」が10日、高知県香南市の「弁天座」で開かれた。太平洋戦争末期、竹富島に駐留...

長野日報社

芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

 鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。...

荘内日報社

「庄内柿」香港に向け出荷

 酒田市のJAそでうら(五十嵐良弥組合長)が庄内柿を酒田港から香港に輸出することになり、トラック積み込み作業が12日、同市坂野辺新田の同JA選果場で行われた。市産業振興まちづくりセンター(サンロク)...

釧路新聞社

イワシを使った「ふるさと給食」【厚岸】

厚岸に水揚げされたイワシを使った「ふるさと給食」が12日、町内全小、中学校で振る舞われ、児童生徒らが地元の味に舌鼓を打った。厚岸漁協(川崎一好組合長)が子供たちに地場の魚介類を味わってほしいと無...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク