全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヤエヤマボタルを観察 親子連れや観光客参加

担当者からヤエヤマボタルの生態などの説明を受ける参加者ら=12日夕、バンナ公園

 バンナ公園ホタル観察会が12日、同公園内のホタル街道で行われ、親子連れや観光客ら30人余りが参加し、暗くなった森の中を舞うホタルの光を楽しんだ。

 参加者らはクイズ形式でヤエヤマボタルの生態を学んだり、標本を熱心に見たりして理解を深め、懐中電灯や携帯電話などの光をホタルに当てないなど注意事項の説明を受けるとさっそく散策路を移動。リュウキュウコノハズクの鳴き声が響くホタル街道を進み午後7時半ごろになるとホタルのほのかな光が動きだした。

 ヤエヤマボタルの点滅する光が茂みの奥から現れ、キイロスジボタルの光が参加者たちの頭上を、雪が舞うように漂うと参加者からは「きれい」などと歓声が上がった。

 家族6人で参加した八尋茂香さん(新川小6年)は「たくさんいて驚いた。ヤエヤマボタルはメスは飛ばないことや1週間ぐらいしか生きられないという話が印象に残った」、父親の伸一さんは「子どもと参加するよい機会になった」と笑顔で話した。

関連記事

長野日報社

コロナ禍の撮影支援を JFCが総会シンポ

フィルムコミッション(FC)に取り組む全国の自治体や観光協会などで組織するジャパン・フィルムコミッション(JFC)は7日、諏訪市の旧東洋バルヴ諏訪工場跡地でJFC総会シンポジウムを開いた。自治...

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

昼間の「おばけ」楽しむ

 こども未来館「ここにこ」(豊橋市松葉町3)で、「ひるまのおばけ広場」が開かれている。親子連れで各回満員となるほどの盛況だ。  2年前から館内の展示室を使って、おばけ屋敷を開いてきたが、新型...

長野日報社

辰野西小考案「真ん・中夫(まん・なかお)」 ゆるキャラGPに挑戦

辰野町辰野西小学校の4年生66人が、オリジナルキャラクター「真ん・中夫(まん・なかお)」を活用して、日本の地理的中心に位置する町の魅力発信プロジェクトに取り組んでいる。2018年度の卒業生が考...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク