全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヤエヤマボタルを観察 親子連れや観光客参加

担当者からヤエヤマボタルの生態などの説明を受ける参加者ら=12日夕、バンナ公園

 バンナ公園ホタル観察会が12日、同公園内のホタル街道で行われ、親子連れや観光客ら30人余りが参加し、暗くなった森の中を舞うホタルの光を楽しんだ。

 参加者らはクイズ形式でヤエヤマボタルの生態を学んだり、標本を熱心に見たりして理解を深め、懐中電灯や携帯電話などの光をホタルに当てないなど注意事項の説明を受けるとさっそく散策路を移動。リュウキュウコノハズクの鳴き声が響くホタル街道を進み午後7時半ごろになるとホタルのほのかな光が動きだした。

 ヤエヤマボタルの点滅する光が茂みの奥から現れ、キイロスジボタルの光が参加者たちの頭上を、雪が舞うように漂うと参加者からは「きれい」などと歓声が上がった。

 家族6人で参加した八尋茂香さん(新川小6年)は「たくさんいて驚いた。ヤエヤマボタルはメスは飛ばないことや1週間ぐらいしか生きられないという話が印象に残った」、父親の伸一さんは「子どもと参加するよい機会になった」と笑顔で話した。

関連記事

長野日報社

押し土器総選挙1位は「装飾絵画文深鉢形土器」

茅野市図書館は、県宝指定の縄文土器47点の「押しメン」ならぬ“押し土器”を決める「総選挙」の結果を発表し、同市玉川の下ノ原遺跡から出土した「装飾絵画文深鉢形土器」が11票を獲得し、1位に輝いた。同...

ランナー過去最多に 制限時間緩和効果か フードバレーマラソン 帯広

 27日に帯広市内で開かれる「2019フードバレーとかちマラソン」のエントリー数は、過去最多の5930人(前年比802人増)となった。昨年は初開催から7年目で初めて参加者が減少に転じたが、コースや...

長野日報社

緑とアートあふれる 伊那西小学校林で森の芸術祭

長野県伊那市伊那西小学校の学校林で6日、緑と芸術に親しむ小さな森の芸術祭「オトギバナシ」が開かれた。周辺で採集した葉っぱや木枝を材料にした手作りアートを林内に展示。完成したばかりの「森のステージ...

秋晴れの下4000人 2年ぶり 池田ワイン祭り

 十勝ワインを楽しむ「第46回町秋のワイン祭り」(町観光協会主催)が6日午前10時から、ワイン城横イベント広場で2年ぶりに開かれた。事前にチケットを購入した約4000人の来場客が十勝ワインと秋...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク