全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

リングプル収集に奮闘 「清陵高で継続を」 幕別江陵高生徒会

伝統のリングプル収集を行った生徒会役員。(左から)朝倉委員長、阿部会長、神島副会長

 江陵高校(若宮栄校長)の生徒会は缶ジュースなどのリングプルを集め、車いすなどの介助用品に交換する活動を続けている。生徒会長の阿部美宙さん(3年)は「普段は捨ててしまうようなものが、困っている人に役立つものに換わることはすごいこと」と、生徒たちにさらなる協力を呼び掛けている。

 同校では二十数年前からボランティア部がリングプル回収のプロジェクトを実施。生徒会が活動を引き継ぐ形で現在まで続く「伝統」の奉仕活動だ。顧問の木村雄介教諭は「生徒たちが一生懸命集めた物で、やりがいもあったのでは」と話す。

 プロジェクトの当初から使われている、緑に着色しイメージキャラクター「ボラン太君」が描かれたドラム缶は、自動販売機のある玄関前に設置。ジュースなどを飲み終えた生徒はもちろん、同校を2001年度に卒業した野々村真也さん(町内在住)、教員OBの樋渡義彦さん(池田町在住)が協力を申し出て、それぞれが集めた大量のリングプルも持ち込まれている。

 この4年ほどで約100キロのリングプルが集まった。回収したリングプルは、野幌商店街(江別市)の有志でつくる非営利団体のリングプル再生ネットワーク「プルネット」に運ばれ、協賛社を通じて車いすなどに交換される。

 副会長の神島淳矢さん(3年)は「みんなの善意が集まった」と喜び、行事委員長の朝倉佳輝さん(2年)は「代々続いてきた活動で、今後も江陵の伝統として(新設の)清陵高でも引き継いでくれれば」と期待する。阿部会長は「自分は福祉科専攻ということもあり、介護する側にもいいことだと思う」と話している。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク