全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

雪不足心配も… 帯広・川西長いも 目覚めの春

晴天の下で始まったナガイモの春掘り作業

 十勝管内9JAで生産する「十勝川西長いも」の春の収穫が10日、始まった。畑の凍結が緩むのを待つ農家が多いため、初日から作業を始めたのは半数以下となっている。

 十勝川西長いもは、秋と翌春に分け収穫する。この冬は「保温材」の役割を果たす雪が少なく、一部で腐敗に伴う収量や品質の低下が懸念されている。腐敗部分はカットし出荷するため、収穫の手間も増えている。

 帯広市川西町の大塚知輝さん(40)の畑では同日、0.7ヘクタール分で収穫を開始。重機で1メートルほどの溝を作り、家族やパートの作業員が一本一本丁寧に掘り出した。畑の凍結箇所に注意しながら、ナガイモが傷つかないよう慎重に重機を操作した。ナガイモの腐敗は少なく、大塚さんは「冬を越したことで甘みも増して良いナガイモになっている」と話していた。

 腐敗部分をカットしたナガイモは鮮度の低下も早く、JA帯広かわにしでは春の収穫分を優先して選果する予定。昨年秋に収穫し保管してあるナガイモは選果をいったん中断、春の収穫分が終わり次第作業を再開する。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク