全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

雪不足心配も… 帯広・川西長いも 目覚めの春

晴天の下で始まったナガイモの春掘り作業

 十勝管内9JAで生産する「十勝川西長いも」の春の収穫が10日、始まった。畑の凍結が緩むのを待つ農家が多いため、初日から作業を始めたのは半数以下となっている。

 十勝川西長いもは、秋と翌春に分け収穫する。この冬は「保温材」の役割を果たす雪が少なく、一部で腐敗に伴う収量や品質の低下が懸念されている。腐敗部分はカットし出荷するため、収穫の手間も増えている。

 帯広市川西町の大塚知輝さん(40)の畑では同日、0.7ヘクタール分で収穫を開始。重機で1メートルほどの溝を作り、家族やパートの作業員が一本一本丁寧に掘り出した。畑の凍結箇所に注意しながら、ナガイモが傷つかないよう慎重に重機を操作した。ナガイモの腐敗は少なく、大塚さんは「冬を越したことで甘みも増して良いナガイモになっている」と話していた。

 腐敗部分をカットしたナガイモは鮮度の低下も早く、JA帯広かわにしでは春の収穫分を優先して選果する予定。昨年秋に収穫し保管してあるナガイモは選果をいったん中断、春の収穫分が終わり次第作業を再開する。

関連記事

長野日報社

キヌアが縁で国際交流 駐日ボリビア大使が富士見高訪問

 駐日ボリビア臨時代理大使のアンヘラ・アイリョンさん(44)が19日、国際親善交流で富士見高校(富士見町)を訪れた。同国が主産国の雑穀キヌアの栽培研究を同校生徒が行っている縁。アンヘラさんは園芸科...

荘内日報社

高校生の目線で提言

 酒田市の本年度の「元気みらいワークショップ」が同市の酒田南高校(中原浩子校長)で始まった。市民協働のまちづくりに向け、2016年度から一般市民を対象に実施してきたもので、本年度は初めて高校生を対象に...

紀伊民報社

クジラ骨の鳥居 老朽化で建て替え

 和歌山県の太地町漁協(脊古輝人組合長)は、同町太地の恵比須神社にあるクジラ骨の鳥居を建て替えた。以前の鳥居が老朽化していたためで、19日に関係者が神事をして完成を祝った。  クジラ骨の鳥居は、...

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク