全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

雪不足心配も… 帯広・川西長いも 目覚めの春

晴天の下で始まったナガイモの春掘り作業

 十勝管内9JAで生産する「十勝川西長いも」の春の収穫が10日、始まった。畑の凍結が緩むのを待つ農家が多いため、初日から作業を始めたのは半数以下となっている。

 十勝川西長いもは、秋と翌春に分け収穫する。この冬は「保温材」の役割を果たす雪が少なく、一部で腐敗に伴う収量や品質の低下が懸念されている。腐敗部分はカットし出荷するため、収穫の手間も増えている。

 帯広市川西町の大塚知輝さん(40)の畑では同日、0.7ヘクタール分で収穫を開始。重機で1メートルほどの溝を作り、家族やパートの作業員が一本一本丁寧に掘り出した。畑の凍結箇所に注意しながら、ナガイモが傷つかないよう慎重に重機を操作した。ナガイモの腐敗は少なく、大塚さんは「冬を越したことで甘みも増して良いナガイモになっている」と話していた。

 腐敗部分をカットしたナガイモは鮮度の低下も早く、JA帯広かわにしでは春の収穫分を優先して選果する予定。昨年秋に収穫し保管してあるナガイモは選果をいったん中断、春の収穫分が終わり次第作業を再開する。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク