全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

伊那西高にバラ園を アルプスバラ会が生徒と定植

生徒と協力し伊那西高校の花壇にバラの苗木を植えるアルプスバラ会の会員

 上伊那地方のバラ栽培愛好者でつくるアルプスバラ会は25日、伊那市の伊那西高校でバラの定植作業を行った。会員約20人と生徒20人が参加。協力して同校玄関前の花壇に苗木を植え込み、今秋に咲き誇るバラ園の完成を心待ちにした。

 バラ園づくりは同校の悲願で、出野憲司校長が園芸に詳しい教諭を通じてバラ会の春日千定会長(78)=同市西春近=に相談。春日会長が苗木の寄贈と植え込みの指導を快諾した。作業には同校の生徒らが参加。苗木はアンネの日記で知られるアンネ・フランクに捧げるために作られ、愛と平和のシンボルになっている「アンネのバラ」30株と背の高いスタンダードバラ5株をバラ会が用意。参加者が協力して円形の花壇外周にアンネのバラを植え、中心にスタンダードバラを配置した。同会によると、9月ごろには花を咲かせるという。

 春日会長は「バラは100年もつ。アンネのバラは平和の象徴なので、アンネ・フランクの生涯にも興味を持ち、学習に役立ててほしい」と期待。学校内の花々の管理をする緑化委員会の三井麻愛委員長(17)は「今からバラが咲くのが楽しみ。丹精込めて世話をし、大きくきれいな花を咲かせたい」と話していた。

関連記事

荘内日報社

鶴岡で新酒完成告げる 「酒林」作り大詰め!!

 新酒の時期を目前に控え恒例の「酒林」作りが大詰めを迎えている。鶴岡市大山の出羽商工会本所では11日から制作実行委員会の小野寺光廣代表(75)=小野寺瓦工業社長=を中心に作業が始まり、25日の完成を目指...

紀伊民報社

地元産イチゴを奉納

 和歌山県那智勝浦町苺(いちご)生産組合とみくまの農協は16日、「いちごの日」(1月15日)に収穫した同町産のイチゴを、世界遺産の熊野那智大社に奉納した。関係者が産地の繁栄などを願い、神事の後に...

北海道庁にむかわ竜襲来 貴重な化石レプリカ初展示

 むかわ町穂別地区で発掘されたハドロサウルス科の恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」通称・むかわ竜が17日、道庁本庁舎に初めて展示され、子供たちなど家族連れが続々と詰め掛けて人気を集めた。  ...

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク