全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

バスに堂々「十勝和牛」 ラッピングで1年間PR 振興協

十勝和牛の広告と(左から)富永部会長と、井村敏文、蛯原一両副部会長

 十勝和牛振興協議会肥育部会(富永章嗣部会長)は、十勝バス(帯広、野村文吾社長)の車体を使ったラッピング広告で十勝和牛をPRする取り組みを始めた。バスの後部で「十勝和牛」の文字とサシの入った牛肉の写真を紹介している。

 生産者でつくる同協議会は十勝和牛の知名度向上や消費拡大を進めている。バスでのPRは初めて。サーロイン肉の写真を大きく使い、目を引く構成にした。

 ラッピングバスは1日から運行を開始し、1年間、帯広市内を中心に走る。富永部会長は「十勝和牛を皆さんに知ってもらいたい。店頭での取り扱いが増え、消費が広がれば」と話している。

 同協議会は管内の焼き肉店と協力して「十勝和牛プロジェクト」を展開。プロジェクトの問い合わせは事務局のCMC(0155・23・2323)へ。

関連記事

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク