全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

バスに堂々「十勝和牛」 ラッピングで1年間PR 振興協

十勝和牛の広告と(左から)富永部会長と、井村敏文、蛯原一両副部会長

 十勝和牛振興協議会肥育部会(富永章嗣部会長)は、十勝バス(帯広、野村文吾社長)の車体を使ったラッピング広告で十勝和牛をPRする取り組みを始めた。バスの後部で「十勝和牛」の文字とサシの入った牛肉の写真を紹介している。

 生産者でつくる同協議会は十勝和牛の知名度向上や消費拡大を進めている。バスでのPRは初めて。サーロイン肉の写真を大きく使い、目を引く構成にした。

 ラッピングバスは1日から運行を開始し、1年間、帯広市内を中心に走る。富永部会長は「十勝和牛を皆さんに知ってもらいたい。店頭での取り扱いが増え、消費が広がれば」と話している。

 同協議会は管内の焼き肉店と協力して「十勝和牛プロジェクト」を展開。プロジェクトの問い合わせは事務局のCMC(0155・23・2323)へ。

関連記事

新千歳で顔認証ゲート運用開始 時間短縮で外国人入国に審査集中

 出入国在留管理庁札幌出入国在留管理局は14日、出国や帰国の審査手続きを行う「顔認証ゲート」の運用を新千歳空港国際線ターミナルビルで開始した。出国する外国人と日本人、帰国する日本人が対象。国内空...

荘内日報社

ハタハタ「しょっぱい!?」議論白熱

 水産加工販売に向けたサポート研修会が12日、鶴岡市加茂の県水産試験場・おいしい魚加工支援ラボで行われた。県が主催したもので、県漁協女性部の会員ら30人が参加した。  浜の女性による加工品の商品開...

日勝親子作品が共演 帯広信金のカレンダーとポスター

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、52作目となる2020年用カレンダーに鹿追町の画家、故神田日勝の長女絵里子さん(51)=鹿追町役場勤務=の油彩画「然別湖の初夏」を採用した。同時に半世紀以上前、...

宇部日報社

盲導犬の役割を学ぶための出前授業

 小野小(河口龍裕校長)で13日、盲導犬の役割を学ぶための出前授業「盲導犬学校キャラバン」があり、3、4年生5人がPR犬に導かれながら体育館を歩き、視覚障害者への配慮も教わった。楠ライオンズクラ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク