全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島トライアスロン大会2019 残り2週間、街に大会ムード 1148人がエントリー

21日の石垣島トライアスロン大会開催まで2週間を切り、市内には大会をPRするのぼりが立ち始めている=8日午後、市役所前通り

 4月21日に開催される石垣島トライアスロン大会2019(同実行委員会主催、石垣市など共催)まで2週間を切った。大会に向けて、会場となる石垣市内には大会ののぼりや当日の交通規制を知らせる立て看板が立ち始め、トライアスロンムードが漂い始めている。

 大会事務局のまとめによると、今大会のエントリー数はエイジ部門950人(昨年954人)、うち地元八重山は91人(同83人)、3人一組のリレー66組196人(同67組201人)の計1148人(同1155人)。

 悪天候により中止となった前18年大会の申込者を優先エントリー。新設した市へのふるさと納税で出場権を返礼する「ふるさと納税枠」は28人が申請し、当初設定した一口9万円20人分の申込枠がすぐに埋まり、30人分まで追加した。

 エイジ部門には44都道府県からエントリーがあり、東京都が304人と最多で大阪府の87人、沖縄県76人、神奈川県の72人の順。海外からも台湾7人、香港4人、シンガポール1人が申し込んでいる。

 年代別では40代が最多の319人、次いで50代が298人、30代が174人と幅広い世代から参加予定。

 前大会は悪天候に見舞われ大会当日に中止と判断したにもかかわらず、出場者からは不満の声はほとんどなかったという。

 実行委では中止後の連絡体制や出場者への対応を見直し、悪天時はデュアスロン(ラン、バイク、ラン)での短縮開催を準備した。

 市内は大会前後の宿泊施設が予約で埋まっており、観光効果を期待した波及イベントの開催も予定されている。

 大会事務局を務める池淵功寛事務局長(㈱SHIMAN|CHU REPUBLIC代表)は「地域住民が沿道に出て声援を送る大会はほかにはない。まずは昨年は中止してできなかったことをしっかりとやり、次以降、レース後の交流イベントなど、より市民参加型にステップアップしていきたい」と展望を語った。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク