全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

飯島町に住んで家庭菜園を 地元業者とプラン提供

家庭菜園を想定した住宅プランをPRする飯島町定住促進室の担当者

長野県飯島町と地元の建築、設計、不動産の各業者と町土地開発公社は提携して、建築費用を1500万円以内に抑えた家庭菜園を想定した住宅プランの提供を始めた。下平洋一町長が公約に掲げた取り組みの一環で、若者でも購入できる手ごろな価格帯に設定。13プランを用意し、「IIJIMA Style 飯島(ここ)で築く理想の住まい」を表題にしたパンフレット3000部を作成してPRしている。

定住促進と地域の活性化を図る目的で、地元の業者が関わることで人口増加につなげようと企画。小規模農地の有効活用により、遊休農地の解消にもつなげいていきたい考えだ。

プランは、二つのアルプスに囲まれた町の環境を最大限に生かした設計が特徴。暮らしの中に畑仕事を取り入れるための間取り、設備が充実するなど、さまざまなライフスタイルに合わせた多彩な内容で提案している。

いずれのプランも価格は税別。下水道負担金、上下水道工事費、電気工事(照明は含まず)と、電気、ガスを選択する給湯設備の費用は本体価格に含まれる。土地代は別途必要。

国は農地売買、賃貸の下限面積を50アールとしているが、町は2017年度に30アール、18年度には住居に付属する農地について1アールにまで独自に引き下げて、取り組みの準備を進めてきた。

パンフレットは道の駅など町内の各施設のほか、町外で開くイベントなどでも配布。町定住促進室で土地のあっせんや相談にも乗り「移住者でなくても、町民やUターンを考えている人など、新しい暮らしを考えている人たちに幅広く提案していければ」と話している。

関連記事

紀伊民報社

2回目支援で能登へ 梅の郷救助隊

 和歌山県みなべ町の民間災害ボランティア団体「紀州梅の郷救助隊」(尾﨑剛通隊長)のメンバーや町議会議員が29日、能登半島地震の被災地支援に向けて出発した。能登の被災地での救助隊の活動は2回目。今...

帯広農高生が育てた小豆でどら焼き 同窓会が卒業記念に贈呈

 農業高校ならではの思い出の品を-。1日卒業の帯広農業高校(佐藤裕二校長、生徒567人)の3年生185人に2月29日、同窓会の勝農会(中村健一会長)が記念品として、生徒が生産した小豆を使用した「ど...

荘内日報社

元気に帰ってきてね 西荒瀬小日向川へ サケの稚魚放流

 元気でね―。酒田市の西荒瀬小学校(白田克幸校長、児童121人)の全校児童が29日、昨年10月からこれまで大切に育ててきたサケの稚魚約6500匹を学校近くを流れる日向川に放流。児童たちはその姿が見えなくなるま...

宇部日報社

市内高校で卒業式、宇部中央で129人が巣立つ 最初で最後の校歌斉唱【宇部】

 宇部市と山陽小野田市の公・私立高校11校で1日、卒業式が行われた。会場には恩師や保護者からの「おめでとう」があふれ、生徒たちは希望を胸に晴れやかな表情で学びやを巣立った。  宇部中央(河村...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク