全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

飯島町に住んで家庭菜園を 地元業者とプラン提供

家庭菜園を想定した住宅プランをPRする飯島町定住促進室の担当者

長野県飯島町と地元の建築、設計、不動産の各業者と町土地開発公社は提携して、建築費用を1500万円以内に抑えた家庭菜園を想定した住宅プランの提供を始めた。下平洋一町長が公約に掲げた取り組みの一環で、若者でも購入できる手ごろな価格帯に設定。13プランを用意し、「IIJIMA Style 飯島(ここ)で築く理想の住まい」を表題にしたパンフレット3000部を作成してPRしている。

定住促進と地域の活性化を図る目的で、地元の業者が関わることで人口増加につなげようと企画。小規模農地の有効活用により、遊休農地の解消にもつなげいていきたい考えだ。

プランは、二つのアルプスに囲まれた町の環境を最大限に生かした設計が特徴。暮らしの中に畑仕事を取り入れるための間取り、設備が充実するなど、さまざまなライフスタイルに合わせた多彩な内容で提案している。

いずれのプランも価格は税別。下水道負担金、上下水道工事費、電気工事(照明は含まず)と、電気、ガスを選択する給湯設備の費用は本体価格に含まれる。土地代は別途必要。

国は農地売買、賃貸の下限面積を50アールとしているが、町は2017年度に30アール、18年度には住居に付属する農地について1アールにまで独自に引き下げて、取り組みの準備を進めてきた。

パンフレットは道の駅など町内の各施設のほか、町外で開くイベントなどでも配布。町定住促進室で土地のあっせんや相談にも乗り「移住者でなくても、町民やUターンを考えている人など、新しい暮らしを考えている人たちに幅広く提案していければ」と話している。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク