全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「陸王」の地を走る

桜の木の下を走るランナー=豊橋・朝倉川沿いで

 「第9回穂の国・豊橋ハーフマラソン」(豊橋市など主催)が25日、スタンドが新しくなった豊橋市陸上競技場を発着点に開催された。完成式典には豊橋ゆかりの陸上で五輪出場の3人も出席、花を添えた。ランナーは春の陽気の下、真新しいスタンドの前を通り、市電通り、桜並木、豊川沿いなど、日本陸連公認コースとなった名物コースを走り抜けた。  けがの防止、疲労の回復につながる運動機器、屋内練習走路など「選手を育てる」をコンセプトにした機能を備え、生まれ変わったスタンド。佐原光一市長は、式典で「健康づくり、競技力のアップに」と期待を込めてあいさつした。  式典では、1964(昭和39)年の東京五輪10000メートルの船井照夫さん、2004年アテネ、08年北京五輪3000メートル障害の岩水喜孝さん、16年リオデジャネイロ五輪5000の鈴木亜由子さん(日本郵政グループ女子陸上部主将)も出席し、テープカットをして完成を祝った。  新・陸上競技場のこけら落としとなったハーフマラソン(21・975キロ)では、スタートを前に、おなじみのスポーツジャーナリス増田明美さんが「自分をリニューアルするレースに」とランナーに呼び掛け。鈴木さんも「新しい自分に向かって精いっぱい頑張りましょう」と話し、序盤までランナーと一緒に走り、ゴール地点では完走者を笑顔で迎えた。  男女年齢別の8部門に各地から約5000人が出場。東京マラソン2017で日本人4位の服部勇馬さん(トヨタ自動車陸上長距離部)も参加し、圧倒的な強さでゴールした。他のランナーも、完走、タイムなど思い思いの目標を掲げて挑み、沿道の応援をばねにしながら陸上競技場を目指した。  新スタンドは3階建て延べ約2350平方メートル。1階は。疲労回復などの効果が期待できる場所やストレッチルームなど。2階がスタンド席で、従来の2倍以上の約1540席あり、この日は応援する多くの人で埋まっていた。

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク