全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「陸王」の地を走る

桜の木の下を走るランナー=豊橋・朝倉川沿いで

 「第9回穂の国・豊橋ハーフマラソン」(豊橋市など主催)が25日、スタンドが新しくなった豊橋市陸上競技場を発着点に開催された。完成式典には豊橋ゆかりの陸上で五輪出場の3人も出席、花を添えた。ランナーは春の陽気の下、真新しいスタンドの前を通り、市電通り、桜並木、豊川沿いなど、日本陸連公認コースとなった名物コースを走り抜けた。  けがの防止、疲労の回復につながる運動機器、屋内練習走路など「選手を育てる」をコンセプトにした機能を備え、生まれ変わったスタンド。佐原光一市長は、式典で「健康づくり、競技力のアップに」と期待を込めてあいさつした。  式典では、1964(昭和39)年の東京五輪10000メートルの船井照夫さん、2004年アテネ、08年北京五輪3000メートル障害の岩水喜孝さん、16年リオデジャネイロ五輪5000の鈴木亜由子さん(日本郵政グループ女子陸上部主将)も出席し、テープカットをして完成を祝った。  新・陸上競技場のこけら落としとなったハーフマラソン(21・975キロ)では、スタートを前に、おなじみのスポーツジャーナリス増田明美さんが「自分をリニューアルするレースに」とランナーに呼び掛け。鈴木さんも「新しい自分に向かって精いっぱい頑張りましょう」と話し、序盤までランナーと一緒に走り、ゴール地点では完走者を笑顔で迎えた。  男女年齢別の8部門に各地から約5000人が出場。東京マラソン2017で日本人4位の服部勇馬さん(トヨタ自動車陸上長距離部)も参加し、圧倒的な強さでゴールした。他のランナーも、完走、タイムなど思い思いの目標を掲げて挑み、沿道の応援をばねにしながら陸上競技場を目指した。  新スタンドは3階建て延べ約2350平方メートル。1階は。疲労回復などの効果が期待できる場所やストレッチルームなど。2階がスタンド席で、従来の2倍以上の約1540席あり、この日は応援する多くの人で埋まっていた。

関連記事

荘内日報社

鶴岡で新酒完成告げる 「酒林」作り大詰め!!

 新酒の時期を目前に控え恒例の「酒林」作りが大詰めを迎えている。鶴岡市大山の出羽商工会本所では11日から制作実行委員会の小野寺光廣代表(75)=小野寺瓦工業社長=を中心に作業が始まり、25日の完成を目指...

紀伊民報社

地元産イチゴを奉納

 和歌山県那智勝浦町苺(いちご)生産組合とみくまの農協は16日、「いちごの日」(1月15日)に収穫した同町産のイチゴを、世界遺産の熊野那智大社に奉納した。関係者が産地の繁栄などを願い、神事の後に...

北海道庁にむかわ竜襲来 貴重な化石レプリカ初展示

 むかわ町穂別地区で発掘されたハドロサウルス科の恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」通称・むかわ竜が17日、道庁本庁舎に初めて展示され、子供たちなど家族連れが続々と詰め掛けて人気を集めた。  ...

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ 上士幌・糠平湖

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク