全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ブドウ苗木作り開始 池田でワイン醸造用に

育苗専用ポットに1本ずつ挿し木する作業員

 池田の春の風物詩の一つ、ワイン醸造用の苗木作りが町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の敷地内にあるガラスハウス(町清見)で始まった。作業は10日ごろまで続けられる。

 同研究所の従業員ら15人が2日に作業を始めた。昨秋から冬にかけて剪定(せんてい)し、地下の苗木保管庫で越冬させた枝を使用。前の晩から水に浸しておいた約1.2メートルの枝をはさみで25センチほどに切りそろえ、地中に埋め込む側の枝の先に発根促進剤をつけて、育苗専用ポットに挿し木した。

 同研究所によると、管内では複数のワイナリー開設の動きがあり、今季は管内外からオーダーが入るなど、全道的に苗木は不足気味だという。同研究所では今季、町独自品種の「清見」「清舞」「山幸」を中心に試験栽培する苗木を含め10品種3万本を挿し木する予定。

 挿し木後は、育苗専用ポットの下に張り巡らせている電熱線で地温を25~30度に保つ。1~2週間後に萌芽(ほうが)し、苗木が20センチほど伸びるのを待ち、6月末ごろに隣接するビニールハウスに移植する。

 育ちが良好な苗木は来春にも販売されるほか定植する。

 同研究所の大堀泰樹製造課長は「来年以降もしっかり苗木を確保できるように育ってほしい」と話している。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク