全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ブドウ苗木作り開始 池田でワイン醸造用に

育苗専用ポットに1本ずつ挿し木する作業員

 池田の春の風物詩の一つ、ワイン醸造用の苗木作りが町ブドウ・ブドウ酒研究所(安井美裕所長)の敷地内にあるガラスハウス(町清見)で始まった。作業は10日ごろまで続けられる。

 同研究所の従業員ら15人が2日に作業を始めた。昨秋から冬にかけて剪定(せんてい)し、地下の苗木保管庫で越冬させた枝を使用。前の晩から水に浸しておいた約1.2メートルの枝をはさみで25センチほどに切りそろえ、地中に埋め込む側の枝の先に発根促進剤をつけて、育苗専用ポットに挿し木した。

 同研究所によると、管内では複数のワイナリー開設の動きがあり、今季は管内外からオーダーが入るなど、全道的に苗木は不足気味だという。同研究所では今季、町独自品種の「清見」「清舞」「山幸」を中心に試験栽培する苗木を含め10品種3万本を挿し木する予定。

 挿し木後は、育苗専用ポットの下に張り巡らせている電熱線で地温を25~30度に保つ。1~2週間後に萌芽(ほうが)し、苗木が20センチほど伸びるのを待ち、6月末ごろに隣接するビニールハウスに移植する。

 育ちが良好な苗木は来春にも販売されるほか定植する。

 同研究所の大堀泰樹製造課長は「来年以降もしっかり苗木を確保できるように育ってほしい」と話している。

関連記事

奄美、沖縄合同で西表島視察 自然との共生へこども環境調査隊 

 鹿児島県奄美市内の小中学生6人で結成した「奄美こども環境調査隊」(奄美市教育委員会、南海日日新聞社主催)の沖縄県西表島視察が22日、始まった。初日は干潟の生き物を観察したほか、人と自然の共生に...

荘内日報社

山形大農学部2年生と研究生 就職、定住へ鶴岡の産業学ぶ

 山形大農学部の2年生と研究生を対象にした企業見学会が22日、鶴岡市内の2企業で行われ、学生たちが就学地の産業に理解を深めた。  学生たちに同市の産業の特色や企業活動への関心を高めてもらおうと昨年に...

紀伊民報社

ジオパークセンターが完成

 紀南に広がる貴重な地質遺産の情報を発信する「南紀熊野ジオパークセンター」が、和歌山県串本町潮岬の潮岬観光タワー隣接地に完成した。27日正午にオープンする。  県が約7億4千万円をかけて建設し...

帯広メロン味わって 大玉「プレミアム」登場 出荷開始

 帯広と芽室の農家6戸が栽培している「帯広メロン」の出荷が23日、始まった。販売元のキサキ糧穀(帯広市愛国町)に約300玉が集まり、箱詰めして小売店や贈答用に発送された。  マスクメロンの帯...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク