全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

阿寺の七滝入口で子抱き五平餅復活

山吉田地区の女性グループ販売

 新城市下吉田の阿寺の七滝入口で7日、名物だった「子抱き五平餅」が復活した。同所を含む山吉田地区の女性たちでつくる「お楽しみ市場グループ」(星野朱実代表)が活性化にと、かつて販売していた人から作り方を受け継いだ。初日から完売するほど人気を集めた。毎週日曜日に販売していく。

 子抱き五平餅は、滝の入口駐車場にある売店で販売されていた。店主の林鹿太郎さんが亡くなったために店も休止となった。グループでは地元の味を観光客に伝えようと復活させることにした。1月から計画し、2月には林さんの妻みさ子さんからタレの作り方などを学んだ。  名前の「子抱き」は周辺部の礫岩で、子宝に恵まれるという「子抱き石」から命名。餅は楕(だ)円形で厚さがある。そこに山吉田地区で作られるミネアサヒなどの米を使用し、すりゴマ、しょうが、赤みそを配合した。1本350円。  この日、駐車場近くの売店前に販売用テントを設けた。行楽客もその香りに誘われて次々と購入した。150本が完売するほど好評を得た。  「多くの人たちが訪れる場所。地元の人たちと交流機会も増やしていきたい」と星野代表。  販売は毎週日曜日午前10時から午後2時まで。グループでは今後、売店の復活にも携わっていくという。

関連記事

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売 池田

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク