全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

阿寺の七滝入口で子抱き五平餅復活

山吉田地区の女性グループ販売

 新城市下吉田の阿寺の七滝入口で7日、名物だった「子抱き五平餅」が復活した。同所を含む山吉田地区の女性たちでつくる「お楽しみ市場グループ」(星野朱実代表)が活性化にと、かつて販売していた人から作り方を受け継いだ。初日から完売するほど人気を集めた。毎週日曜日に販売していく。

 子抱き五平餅は、滝の入口駐車場にある売店で販売されていた。店主の林鹿太郎さんが亡くなったために店も休止となった。グループでは地元の味を観光客に伝えようと復活させることにした。1月から計画し、2月には林さんの妻みさ子さんからタレの作り方などを学んだ。  名前の「子抱き」は周辺部の礫岩で、子宝に恵まれるという「子抱き石」から命名。餅は楕(だ)円形で厚さがある。そこに山吉田地区で作られるミネアサヒなどの米を使用し、すりゴマ、しょうが、赤みそを配合した。1本350円。  この日、駐車場近くの売店前に販売用テントを設けた。行楽客もその香りに誘われて次々と購入した。150本が完売するほど好評を得た。  「多くの人たちが訪れる場所。地元の人たちと交流機会も増やしていきたい」と星野代表。  販売は毎週日曜日午前10時から午後2時まで。グループでは今後、売店の復活にも携わっていくという。

関連記事

新ジャンル、泡盛「尚」を共同開発 八重泉、請福ら県内12酒造所

 【那覇】八重泉酒造や請福酒造を含む県内12酒造所が蒸留を3回行う製法で米こうじの優しい甘みと華やかな香りを引き出した新ジャンルの泡盛「尚」を共同開発した。世界の4大スピリッツとされるウオツカ...

十勝おはぎ 桜の活力に ラグビー日本代表に好評

 ラグビーワールドカップ(W杯)で躍進する日本代表。大会前は十勝産小豆のおはぎが差し入れされ、チームに好評。大会中は試合前の食事「マッチミール」におはぎが採用され、選手の活力になっている。 ...

特色生かし三河体験

蒲郡などでMIKAWA de じゃんだらりん  秋から初冬にかけて三河地方で体験プログラムを展開する「MIKAWA de じゃんだらりん」(実行委員会主催)が1日、蒲郡市などで始まった。12...

長野日報社

コイの水田養殖 廃れた食文化再興にも意欲 伊那市高遠町藤沢

長野県伊那市高遠町藤沢の住民有志が、米を作りながらコイを養殖する試験を水上地区の田んぼで進めている。中山間地水田の活用と維持につなげる狙い。淡水魚に詳しい県内水面漁場管理委員会委員の桐生透さ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク