全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

阿寺の七滝入口で子抱き五平餅復活

山吉田地区の女性グループ販売

 新城市下吉田の阿寺の七滝入口で7日、名物だった「子抱き五平餅」が復活した。同所を含む山吉田地区の女性たちでつくる「お楽しみ市場グループ」(星野朱実代表)が活性化にと、かつて販売していた人から作り方を受け継いだ。初日から完売するほど人気を集めた。毎週日曜日に販売していく。

 子抱き五平餅は、滝の入口駐車場にある売店で販売されていた。店主の林鹿太郎さんが亡くなったために店も休止となった。グループでは地元の味を観光客に伝えようと復活させることにした。1月から計画し、2月には林さんの妻みさ子さんからタレの作り方などを学んだ。  名前の「子抱き」は周辺部の礫岩で、子宝に恵まれるという「子抱き石」から命名。餅は楕(だ)円形で厚さがある。そこに山吉田地区で作られるミネアサヒなどの米を使用し、すりゴマ、しょうが、赤みそを配合した。1本350円。  この日、駐車場近くの売店前に販売用テントを設けた。行楽客もその香りに誘われて次々と購入した。150本が完売するほど好評を得た。  「多くの人たちが訪れる場所。地元の人たちと交流機会も増やしていきたい」と星野代表。  販売は毎週日曜日午前10時から午後2時まで。グループでは今後、売店の復活にも携わっていくという。

関連記事

来月22日から2日間「東三河外食産業展示会」

 東三河外食産業振興会(中村誠孝会長)は5月22、23日の両日、豊橋市神野新田町のホテル・シーパレスリゾートで26回目となる「東三河外食産業展示会」を開く。外食関連企業約120社が付加価値を高めた新商品...

おのじいの「かき氷店」オープン

 豊川市平尾町龍17に今春、主にかき氷を販売する「おのじ~のお店」がオープンした。これから暑い夏を迎えるにあたり、市民憩いの場としても注目を集めそうだ。  国府町在住の小野博子さんが、「おのじ~」...

田原で「貝の日」イベント

 「貝の日」の8日、田原市伊良湖町の道の駅「伊良湖クリスタルポルト」でイベントが開かれ、貝づくし渥美の加盟店でランチを食べた観光客らが、商品券やアサリのつかみ取りが当たる抽選会に参加した。  ヨン...

ベジ料理に十勝ゴボウだし

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク