全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

飛島に7月「ゲストハウス」開設

 県内唯一の離島である酒田市飛島に移住した若者たちが、島の活性化に向け、島外から訪れる観光客向けの宿泊・交流施設「ゲストハウス」を開設し、今年7月にオープンする計画を進めている。現在、改修費用に充てる資金を募っている。

 計画しているのは、飛島に移住した若者らが2013年3月に設立した「合同会社とびしま」。平均年齢30歳ほどのメンバー14人(うち9人が飛島在住)が、飛島の資源を生かした特産品開発や店舗経営、観光振興など、島の雇用創出やコミュニティー維持・活性化のための活動を行っている。

 ゲストハウスは、島外の人が宿泊し、島での活動や島民との交流拠点となる施設。建設会社の宿舎だった勝浦集落の木造3階建て延べ床面積約450平方㍍の建物を、合同会社とびしまが土地ごと取得。ここを改修して2、3階に客室、1階にはカフェラウンジや自炊用のシェアキッチン、コワーキングスペース、シャワー室などを設ける。定員は30―40人程度。5月半ばから改修工事に入り、7月初めのオープンを目指す。

 利用に当たっては「しまびと会員制度」を設ける。ブロンズ会員は年会費1万円で、最大で月3日(年36日)まで無料で宿泊できる。同様にシルバー会員は年会費2万円(宿泊は月7日、年84日まで)、ゴールド会員は同3万円(同月14日、年168日まで)。食費は別途必要(自炊は無料)。制度名は、島に住む「島民」に対し、島に関わる人を「しまびと」と位置付け、島の仲間になってもらう意味を込めた。

 プロジェクトリーダーの松本友哉さん(30)は合同会社とびしま共同代表の一人。山口県出身で、12年4月から1年間、緑のふるさと協力隊として飛島に赴任し、その後、島に移住。昨年には法木集落の家を買い、名実ともに「島民」になった。

松本さん(前列中央)ら合同会社とびしまのメンバー

 松本さんは「高齢化が進む中、島の存続に向け、雇用創出などに取り組み、若者が少しずつ増えるなど手応えを感じている。一方で、島の暮らしは国や県、市からの多くの税金投入によって成り立っており、本土とのつながりが不可欠」と島の現状を指摘。その上で「島は『周回遅れ』の分、人同士や自然との豊かなコミュニケーションなど、中央の人が忘れかけたものが色濃く残っている。ゲストハウスが本土と島をつなぐ懸け橋となり、島の未来がより明るいものになるよう、一緒に考えていけたら」と話している。

 改修と備品購入などオープンに向けた経費は約550万円を見込み、うち350万円については5月13日(月)までインターネット上で寄付を募るクラウドファンディングのサイト「Readyfor(レディーフォー)」で募集している。寄付1万円でブロンズ、2万円でシルバー、3万円でゴールドの各しまびと会員権などがもらえる。問い合わせは合同会社とびしま=電0234(96)3800、電子メールmail@tobi-shima.com=へ。

7月にゲストハウスとしてオープン予定の建物

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク