全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部市がスペイン・カステジョ市と姉妹提携調印

 宇部市とスペインのカステジョ市(以下カ市)の姉妹都市提携調印式は4日、記念会館で行われた。宇部市が海外の都市と姉妹・友好都市を結ぶのは3都市目。久保田后子市長とアンパロ・マルコ市長が締結書を交換した。同会館前の広場では、約300人の市民がカ市訪問団を出迎え、祝福ムードに包まれた。    文化やスポーツ、教育の交流促進、UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)のグローバル展開などによる両市の発展が目的。経済交流は、小野産の茶やカ市の特産物であるオリーブなど、農産品や工業製品の輸出入を目指す。    同会館2階で開かれた式には、地元議員や経済団体、昨年7月にカ市を訪問した市民など関係者46人が出席。ホルヘ・トレド駐日大使の立ち会いの下、両市長が提携書に署名した。    久保田市長は「6年もの長い交流を積み重ね、この日を迎えることができた。距離は遠いけれど、友情という懸け橋ができ、さまざまな交流を本格的に進めていく。両市の発展、市民の幸福と喜びにつなげていきたい」とあいさつ。マルコ市長は「両市は多くの共通点を持ち、希望と夢のある将来に向かって共に歩んでいける。他の都市が目指すモデルとなれることを確信しており、素晴らしい未来のために発展していこう」と呼び掛けた。    式の直前には、同会館前で11人のカ市訪問団のパレードがあり、園児をはじめ多くの市民が両市の小旗を振って歓迎。式のために有志で特別編成された楽団「宇部インスパイアーズ」が、両市の歌を演奏し、宇部太鼓との共演で和洋ジャズも奏でた。広場の一角には、提携を記念して、高さ2・5㍍のオリーブの木が植樹された。    夜には、ANAクラウンプラザホテル宇部で祝賀会が開かれ、市内の政財界などから102人が参加し、カ市訪問団とさっそく懇談した。    両市の交流は2013年5月、カ市の前市長が、同市内にある宇部興産の子会社、ウベ・コーポレーション・ヨーロッパ(UCE)を通じて、久保田市長宛てに親書を送ったことからスタート。文化や教育などで徐々に友好を深め、昨年7月には久保田市長が初めてカ市を訪ねて、マルコ市長と将来の提携に向けた姉妹都市締結誓約書を交わした。    カ市はスペイン南東部の港町。人口は約18万人で、バレンシア州第4の都市。主な産業は、セラミックや化学などの工業と農業。市内の各所に野外彫刻を展示している。

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク