全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

駒ケ岳スマートIC利用促進「オレ流ガイド」

駒ケ岳スマートICの活用を呼び掛けるパンフレット

 駒ケ根市の中央道駒ケ岳サービスエリアに整備した駒ケ岳スマートインターチェンジ(IC)の利用促進を図るため、地元自治体や国、県、関係団体などでつくる地区協議会は観光パンフレット「オレ流ガイド」を作成した。同IC周辺の観光スポットや飲食店などを紹介し、利用を呼び掛けている。

 ICを起点に同市南部や飯島町、中川村にスポットを当て、「おすすめそば店」などの飲食店やキャンプ場、温泉施設など25カ所を掲載。ICからほど近い養命酒製造駒ケ根工場の「健康の森」や、飯島町の道の駅田切の里、花の里いいじまは特集を組んで見どころを説明している。

 同ICは昨年3月の開通から1年が経過。協議会事務局の市都市計画課は「利用状況はまとめている段階だが、特に駒ケ根市から南の地域からは便利になったという声を聞いている。パンフレットで中央アルプスや駒ケ根高原以外の地域の魅力を知ってもらい、地元でも活用してほしい」としている。

 パンフレットはA4判、8ページ、カラー刷り。2万部作成し、中央道や長野道、東名・名神などの高速道路のサービスエリアをはじめ、地元の道の駅や観光施設などで配布している。観光案内所や道の駅では、養命酒製造駒ケ根工場の「のど飴」も配っている。

 問い合わせは同課(電話0265・83・2111)へ。

関連記事

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク