全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

駒ケ岳スマートIC利用促進「オレ流ガイド」

駒ケ岳スマートICの活用を呼び掛けるパンフレット

 駒ケ根市の中央道駒ケ岳サービスエリアに整備した駒ケ岳スマートインターチェンジ(IC)の利用促進を図るため、地元自治体や国、県、関係団体などでつくる地区協議会は観光パンフレット「オレ流ガイド」を作成した。同IC周辺の観光スポットや飲食店などを紹介し、利用を呼び掛けている。

 ICを起点に同市南部や飯島町、中川村にスポットを当て、「おすすめそば店」などの飲食店やキャンプ場、温泉施設など25カ所を掲載。ICからほど近い養命酒製造駒ケ根工場の「健康の森」や、飯島町の道の駅田切の里、花の里いいじまは特集を組んで見どころを説明している。

 同ICは昨年3月の開通から1年が経過。協議会事務局の市都市計画課は「利用状況はまとめている段階だが、特に駒ケ根市から南の地域からは便利になったという声を聞いている。パンフレットで中央アルプスや駒ケ根高原以外の地域の魅力を知ってもらい、地元でも活用してほしい」としている。

 パンフレットはA4判、8ページ、カラー刷り。2万部作成し、中央道や長野道、東名・名神などの高速道路のサービスエリアをはじめ、地元の道の駅や観光施設などで配布している。観光案内所や道の駅では、養命酒製造駒ケ根工場の「のど飴」も配っている。

 問い合わせは同課(電話0265・83・2111)へ。

関連記事

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

荘内日報社

ポーランド・スコブロンキ女声合唱団 鶴岡の高校生と交流のハーモニー

 ポーランド・ポズナン市の「スコブロンキ女声合唱団」を迎えたコンサートが18日、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれ、市内の高校生と共演し、交流のハーモニーを響かせた。  同合唱団は1950年設立。海...

宇部日報社

薩長同盟第2弾の日本酒完成

 山口、鹿児島両大の学生らが共同で造った純米吟醸原酒「ふれんど」が、20日から販売される。山口市役所で18日、発表会が開かれ、商品の名付け親となりラベルのデザインを手掛けた、作家で美術家の大宮エ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク