全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

胆振東部地震の支援に感謝 動画制作、HPなどで公開-鵡川高

佐伯豊南高から寄せられた応援メッセージを背景に、復興支援への感謝を伝えるメッセージを記した画用紙を持つ鵡川高校の生徒たち

 むかわ町の鵡川高校が昨年9月の胆振東部地震で受けた支援に対して、感謝の気持ちを伝える動画を制作した。メッセージが書かれた画用紙を持つ生徒たちの写真が次々と流れていく内容で、学校のホームページとフェイスブックで2月末から公開している。すでに6500回が再生されている。

 動画は約4分。グラウンドの鉄柱や学校内のげた箱、棚などが倒れている被害状況の写真が流れた後、1、2年生たち約100人がメッセージを掲げた映像に移る。

 生徒たちは「いただいた」「真心を」「胸に」「一生懸命」「前進」「したいと」「思います」「今後も」「見守って」「ください」などと文章を区切って画用紙にしたため、リレー形式で映して感謝の気持ちを伝えた。続いて「今、私たちにできること」として、ボランティアへの参加、将来のための勉強、今度は俺たちが頑張る―などと記載して、震災に負けない前向きな姿勢を発信している。

 きっかけは、大分県佐伯市の県立佐伯豊南高校から応援メッセージが贈られたほか、全国の学校や教育団体などから義援金が届けられたこと。これらの支援にお礼と元気で過ごしていることを伝えようと、堺庸充教諭(42)が企画し、生徒たちが賛同した。

 メッセージは休み時間や放課後などに書いてもらい、写真は先生たちが撮影して編集した。堺教諭は「せっかくの縁なので、いい形でつなげていきたかった」と話し、今後、佐伯豊南高との交流を検討しているという。「両校の生徒たちがテレビ電話で交流をしたり、修学旅行で向こうの高校を訪れることができたら」としている。

関連記事

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク