全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ベジ料理に十勝ゴボウだし

十勝産ゴボウの焙煎だしをPRする(左から)代表の石王さん、安田さん、安田さんの夫の涼さん、吉田さん

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使った焙煎(ばいせん)だしを開発、販売を開始した。ベジフードの提案や普及を目指しており、代表の石王洋美さんは「今後は飲食店のベジメニューと認証する『ベジマーク』事業の実施も考えている」と話している。

 とかち・イノベーション・プログラム(帯信金など主催)の参加者が昨年立ち上げたプロジェクト。メンバーには、ベジタリアンの安田和美さん(上士幌)も参加している。

 フードバレーを掲げる十勝で、食のマイノリティーでも質の高い食を味わえる体制をつくるのが狙い。昨年夏にはベジ料理の試食会を開いた。

 だしは料理の基本・土台となるが、「困っている人や飲食店は多い」(石王さん)とし、ゴボウを材料に開発した。熱湯を入れて2、3分蒸らすだけで使える。珈琲専科ヨシダ(帯広)に製造を委託。30グラム入りで780円。3月から本格的に販売を開始した。飲食店「蕎麦人」(帯広市西10南34)で購入でき、今後、販路を広げる。

 監修した蕎麦人を経営する吉田武馬さんは「料理人としてベジ料理を作ろうと思っても(だしを)身近で購入できる場所がなく、困っていた。完成度が高く、煮物や汁物の味が引き立つ」とPRする。

 第2弾となる別の野菜の焙煎だしも開発中。ベジタリアン向けのメニューを提供する飲食店を紹介するマップも作成する考え。問い合わせは蕎麦人(0155・47・4190)へ。

関連記事

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ 帯広まつもと薬局

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク