全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

大人が学び、交流 熱中小学校3期生を募集

熱中小学校の教室になっている生馬小学校芦山分校跡(上富田町生馬で)

 和歌山県上富田町生馬の分校跡で大人が学び、交流する「紀州くちくまの熱中小学校」(浦聖治校長)は、3期生を募集している。授業は13日から9月14日までの全6回で有料。開校1年を迎え、授業以外の「クラブ活動」など独自の取り組みで講師や生徒から好評を得ている。

 熱中小学校は、全国で12校とアメリカに1校を展開し、210人の登録講師と約900人の生徒がいる。「くちくまの」は2018年5月、起業家の育成などを目的に開校。生馬小学校芦山分校跡を改修した教室に音楽家や起業家、会社社長など、さまざまな分野で活躍する講師を招き、1期と2期で各60人の生徒が受講した。
 月1回、90分の授業を2回開き、授業の前後には「始まりの会」と「終わりの会」として講師や生徒が交流している。生徒が自主的に「クラブ活動」も始め、自転車や写真、音楽、アウトドアなど1期で4クラブ、2期で4クラブが誕生した。県外から訪れた講師には、熊野古道や熊野本宮大社など地元の名所を語り部付きで案内し好評という。
 教室は、町が国の地方創生にかかる交付金を受けて改修。地元の有志でつくる実行委員会が町の協力を得て運営していたが、2月に法人格を取得し、一般社団法人「紀州くちくまの未来創造機構」が運営している。
 同機構事務局長の佐多圭一郎さん(44)は「紀州くちくまの熱中小学校の最大の特徴は『人』。生徒が協力して知恵を出し、発信することが地方創生につながる。訪れた講師が地域のファンになり、SNSなどで発信して地域のPRに一役買ってもらっている」と話している。
◇ 
 紀州くちくまの熱中小学校の第3期生の定員は先着60人。対象は15歳以上。授業料は一般1万円、60歳以上2万円、高校生は無料。4月13日、5月11日、6月8日、7月13日、8月24日、9月14日の計6回。いずれも授業は午後1時から4時20分まで(途中休憩あり)。初回の講師は生駒大壱さん(旺文社社長)と、犬飼博士さん(ゲーム監督、eスポーツプロデューサー)。
 申し込みは、紀州くちくまの熱中小学校のホームページからか、事務局へファクス(0739・34・3115、電話も)する。問い合わせはメール(info@necchu-kuchikumano.com)で。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク