全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

18日開通へ急ピッチ メルヘン街道で除雪作業

冬期閉鎖されてきた茅野市と南佐久郡佐久穂町を結ぶ国道299号(通称メルヘン街道)で、除雪作業が始まった。18日の開通に向けて急ピッチで進められており、大型の除雪機が大きな音を立てながら路面の雪を路肩へと吹き飛ばしたり押しのけたりしている。

今冬、シーズン通して積雪量は少なかったものの、3月に入って降雪が続き、標高の低いゲート側でも約70センチ、標高の高い麦草峠付近では1メートルほどの残雪があるという。茅野市側の除雪作業は1日から始まっているが、担当する遠藤建機(同市湖東)によると、柔らかい雪の下には路面に張り付くような氷があり、作業は容易でないという。

諏訪建設事務所によると、冬期閉鎖区間は茅野市千駄刈―小海町千代里の約13・8キロ区間(茅野市側約6・1キロ)。昨年11月15日に冬期閉鎖された。今月18日午前11時に開通予定で、白駒池や麦草峠、苔の森など、北八ケ岳の本格的な観光シーズンが幕を開ける。

このほか同事務所管内の県道霧ケ峰東餅屋線(通称ビーナスライン)の八島高原駐車場以北でも1日から除雪作業が行われているが、残雪は平年より少ないという。19日午前11時に茅野市から美ケ原(松本市)までの全線で通行止めが解除される予定。

関連記事

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

長野日報社

令和に咲く煌めきの華 諏訪湖祭湖上花火大会

第71回諏訪湖祭湖上花火大会(諏訪湖祭実行委員会主催)は15日夜、長野県諏訪市の諏訪湖で開いた。接近する台風10号の影響が心配されたが、ほとんど雨は降らず、水上スターマインやナイヤガラなど予定...

長野日報社

もりぞうポストに投函いかが 下諏訪の長崎さん

下諏訪町東高木の旧甲州街道沿いにある長崎正彦さん宅で、生け垣のヒバの木が成長し、近くに立つ郵便ポストを覆うようになった。枝木は顔に見立てて刈り込んでいて、「写真に映える」と道行く観光客や住民が...

盆入り 十勝「大入り」 行列はピーク

 盆の入りの13日、十勝管内の観光地や飲食店などは、夏休みを楽しむ人々や旅行に訪れた観光客らでにぎわいを見せた。13日夜に勝毎花火大会、14日から平原まつりが始まる帯広市内は、短い夏を楽しむ人々で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク